法人様向けご用途

法事・新盆

法事とは、一族や知人などが集まって故人を偲ぶ儀式です。ご葬儀後一定の期間ごとに法要が行われます。新盆とは、故人の四十九日後に初めて迎えるお盆のことで、帰って来る霊を迎えて様々な行事をします。法事・新盆ともに、故人を偲ぶお花をお贈りするのが良いでしょう。

何を贈る?

亡くなられてから日にちが近いほど、白に近い色が無難です。フラワーアレンジメント・花束などを贈ります。

宗教の違いや地方の風習によりお手配が変わります。

いつ贈る?

ご法事の場合は、当日は忙しいので前日がいいでしょう。会場へは当日の時間前までにお届けする必要があります。

お盆の日にちも地域によって様々ですのでご注意下さい。

立札・カードなどの表記

ご法事の場合、贈り主様のお名前のみで結構ですが、【御供】【御霊前】(四十九日まで)
【御仏前】の頭文字に贈り主様の名前を書いてもかまいません。

お盆の際は、【御供】【御仏前】などの頭文字に贈り主様の名前を書きます。

その他

そのまま置けますので、フラワーアレンジメントをおすすめします。白に寒色系を入れるか淡い暖色系の色合いにします。

花束は、花瓶が必要になり、お手を掛けますので、あまり負担にならないボリュームがいいでしょう。
白に寒色系を入れるか淡い暖色系の色合いにします。

白や紫系のラン鉢なども贈られることがあります。
高級感のある胡蝶蘭から小蘭系まで、ご予算に合わせてご用意できます。