• こんにちはゲストさま
  • 6.18 Father's Day

父の日に鉢植えギフトを贈るなら
知っておきたい植木鉢のサイズ(大きさ)

日比谷花壇が父の日に関するコラムをご紹介。
父の日の情報が満載です。
並ぶ植木鉢

父の日に鉢植えのギフトを贈ろうと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、いざ鉢植えを購入しようと思っても、鉢植えの大きさが号数で表記されていると、見慣れない単位に大きさが分からず躊躇してしまったこともあると思います。ここではガーデニングや観葉植物に使用する植木鉢のサイズや、サイズに合った植物についてご紹介します。

植木鉢のサイズ表記

メジャー

植木鉢のサイズを表記する単位は、1号鉢や、5号鉢などの「号数」です。「号数」には、昔の尺貫法の「寸」が関係しています。号数は寸を言い換えた単位であり、どちらの呼び方でもサイズは一緒です。 例えば、1号・1寸の場合は、どちらも同じく約3cmです。2号・2寸の場合は約6cm、3号・3寸の場合は約9cmのサイズになります。 10号サイズの場合は、1尺と表記される場合があります。1尺は10寸を言い換えた単位です。そのため、1尺は約30cmを表します。
また、植木鉢の号数が決まる場所は、植木鉢が1番膨らんでいる外側から外側の直径です。 肉厚の植木鉢の場合は、内側の直径が小さくなります。そのため、植木鉢を贈る際は、植木鉢の厚さもチェックすることが大切です。例えば、3号サイズで厚みが2cmの鉢の場合、内側のサイズは約7cmです。
植木鉢のサイズを表す表記に「号用」が使用されている場合があります。「号用」は鉢植えの直径の内径を表したサイズです。号用の表記は、鉢カバーなどを選ぶ際に役立ちます。 草花を植えたプラスチックの鉢をそのまま陶器の植木鉢に入れたい場合、プラスチックの鉢が陶器の鉢に収まらないといけません。プラスチック鉢が5号鉢のときは、5号用の陶器植木鉢を選択しましょう。陶器植木鉢の中にプラスチックの鉢がすっぽり収まるはずです。 ただし、メーカーによりサイズや形状が違う場合があるため、なるべく同じメーカーを選択してください。

鉢の深さの種類

小さな植木鉢

植木鉢の深さには、大きく分けて「普通鉢」「平鉢」「深鉢」の3つのタイプがあり、育てる草花や植物によって適した植木鉢の深さが違います。

【1】普通鉢

普通鉢は、スタンダード鉢とも呼ばれる、外寸と同じ長さの深さを持つ鉢です。適している植物が多い、汎用性の高い鉢です。

【2】平鉢

平鉢は半鉢とも呼ばれています。外寸より鉢が短く平たい鉢です。特に根が浅く横に伸びる植物に適しています。また、一般的な草花を鉢植えで楽しむ場合によく使用されます。普通鉢と組み合わせて寄せ植えなどに使用しても良いでしょう。

【3】深鉢

深鉢は、植木鉢の外寸よりも深さを持った鉢です。深鉢は、根が深く伸びる草花の他に、ドラセナやベンジャミンなどの背の高い観葉植物やカバー鉢に多く使用されます。また、野菜の栽培などにも適している鉢です。

植物と鉢のサイズ

ちいさなサボテン鉢

1号から3号程度の小型の鉢植えには、サボテンや多肉植物などの比較的丈夫な植物が適しています。小さなスペースに設置したい方や、自分の机に置いて楽しみたい方におすすめです。最近はミニ盆栽や、植物の根をコケで包んである苔玉も人気があります。

4号から8号程度の中型の鉢植えは、スペースを取りすぎないサイズです。そのため、贈り物に適しています。中型はパキラやモンステラなど観葉植物の種類が豊富です。

9号から12号程度の大型の鉢植えは、高さが150cmから2m以上の大型観葉植物が適しています。瑞々しい葉を広げる樹木や椰子は存在感があり、インテリアにぴったりです。

おわりに

植木鉢を選ぶときは号数だけなく、育てる植物に適した深さの植木鉢と、あげる相手が喜ぶサイズを選びましょう。この記事を参考に、父の日に素敵なプレゼントを選んでください。

戻る

今なら新規会員登録で送料無料クーポンプレゼント!

父の日ギフト特集メニュー