• こんにちはゲストさま

自分で作る・育てるキット 緑のカーテン

初夏~夏に楽しむ“緑のカーテン”は、ツルが伸びる種類の植物で作る、自然のカーテンです。

夏の暑い日に葉っぱの間をすり抜けてくる涼しい風は、まるで天然のエアコンのようです。お届けするセットには緑のカーテンスターターキットとして、プランター・土・支柱・ネットなどの必要な資材が全てそろっていますので、届いたその日からお楽しみいただけます。圧縮培養土なので、土の持ち運びもスムーズ。気軽に挑戦できるエコライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

その他のイメージを見る
花や実を楽しめる緑のカーテン
  • ゴーヤ
  • 西洋朝顔
  • 琉球朝顔
  • パッションフルーツ

ゴーヤ

夏の定番「ゴーヤ」の育つ様子と収穫をお楽しみいただけます。

西洋朝顔「アーリーヘブンリーブルー」

美しい空色の花を咲かせる西洋朝顔で作られた花と緑のカーテンはまるで花で出来た滝のよう。

琉球朝顔「クリスタルブルー」

その名の通り透明感のあるブルーで夕方に近づくにつれ花色が赤紫へ変化します。

パッションフルーツ

パッションフルーツは時計の文字盤に似た花が咲くことから、別名「果物時計草」とも呼ばれます。

涼を満喫!緑のカーテンを楽しむ ?育て方と楽しみ方のご提案?

届いたその日からお楽しみいただける、緑のカーテンスターターキット

緑のカーテンはスターターキットとして、プランター・土・支柱・ネットなどの必要な資材が全てそろっておりますので、届いたその日からお楽しみいただけます。土はプレート状の圧縮培養土でお届けしますので、軽くて持ち運びもかんたん。水をかけるとふくらんでふかふかになり、水はけが良いのが特徴です。

セット内容(ゴーヤ(ひがうり)の場合)
  • ゴーヤ苗(3.5号)2個
  • プランター65型、圧縮燃やせる培用土(元肥入り)(復元後約15L)
  • 軒まで届く園芸ネット(90×270cm)、カラーボール(1.1×90cm)

スイレン植え付け方法

緑のカーテンの作り方をここでは簡単にご紹介!詳しい説明書もついているので安心です。

1.培養土の準備

用土の袋を切って中のプレートを取り出してください。
プランターに入れてジョウロで上から水をゆっくりとかけます。
スコップや手でほぐしながら行うと早くふくらみます。
数分後、培養土全体が湿って柔らかくなったら、準備完了です。

2.植え付け

根をくずさないようにしながらポットから苗を取り出します。
植え穴を掘り、苗を均等に植え付け両手で株元をしっかり押さえて定着させます。
ジョウロで優しく株元に水をかけ全体的にたっぷりと与えます。
付属のネットをはって下さい。

3.誘引のコツ

子づるから巻きひげが出始めたら、ネットに誘引します。
水やりのたびに伸ばしたい方向に誘導すれば、数時間後にはひげが自然にネットに巻きつきます。
こまめに誘引を行うことで、隙間のない美しいカーテンとなります。