• こんにちはゲストさま

花と緑で暮らしを楽しくするコラム

  • メッセージ文例集
  • 花贈りガイド
  • 365日の誕生花・花言葉
  • オンラインショッピング

クイック配送

最短で10月20日にお届けできます。
対象商品をさがす

お花屋さんの手渡しお届け

全国送料無料
お花屋さんが手渡し
おまかせデザイン

全国お花屋さんネットワーク

「イーフローラ」で贈る

海外に花を贈る

世界各国の生花店ネットワークを利用した、海外へのお届けが可能です。
詳しくはこちら

カタログ請求

最新情報を季節ごとに無料でお届け!

トマト・ナス・ピーマンなど、プランター菜園ができる夏野菜の育て方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プランター菜園

花々が咲き誇る春から夏の暖かい時期は、家庭菜園に最適な時期です。最近ではマンションのベランダなど、限られたスペースでも楽しめるプランター菜園用のアイテムが数多く登場しており、プランター菜園人口の多さを物語っています。「節約のために自分で野菜を育てたい」「趣味の一環としてプランター菜園に挑戦したい」など、これからプランター菜園を始めようと考えている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、プランター菜園で楽しめる夏野菜と、夏野菜として有名なトマト・ナス・ピーマンの育て方についてご紹介します。

プランター菜園に適した夏野菜

プランター菜園に適した初心者向けの夏野菜として人気がある葉菜類は、ホウレンソウ、小松菜、シソ、ニラ、ネギです。果菜類では、トマト、ナス、キュウリ、ゴーヤ、オクラなどの夏野菜が人気です。どの夏野菜も収穫期が長く収穫量が多めで、害虫や病気に強い特徴を持っています。また、植え付けから収穫までの期間が比較的短いことも特徴の1つです。

初心者向け夏野菜の代表格・トマト

実るトマト

トマトは初心者でも栽培が簡単な夏野菜として有名です。初めてプランター菜園を行う方にぴったりな夏野菜と言えるでしょう。トマトを栽培する際は、種からではなく苗を購入して育てることをおすすめします。

【トマトの基礎知識】

・苗の植え付け:4月中旬~5月中旬
・収穫:6月~9月上旬
・置き場所:日なた
・生育適温:25℃~30℃

【トマトの育て方】

深さ30cm以上のプランターを用意しましょう。プランターに土を入れる際は、鉢底ネットを敷いて、鉢底石を敷き詰めてから肥料入りの培養土を入れてください。トマトのプランターは、日当たりと風通しの良い場所に置いてください。多湿を嫌うため、雨よけのある場所がおすすめです。日当たりと風通しの良い場所に置くことは、病虫害を抑える効果も期待できます。ある程度苗が育ってくると、葉の付け根にわき芽と呼ばれる芽が出てきます。わき芽を放置すると主枝に養分が行き渡らなくなるため、早めにすべて摘み取りましょう。苗が大きく成長してきたら、支柱を用意して麻ひもなどで主枝を支柱に固定し、倒れないようにしてください。花が咲き、実が赤く熟したら収穫時期です。

トマトと並ぶ初心者向け夏野菜・ナス

収穫したナス

ナスは、夏の暑さに強く多湿を好むため、梅雨の時期でも育てやすい夏野菜です。収穫期間は6月~10月ごろまでと、秋まで長く楽しめます。トマト同様、種からではなく苗から育てた方が簡単に収穫できます。

【ナスの基礎知識】

・苗の植え付け:4月下旬~5月中旬
・収穫:6月上旬~10月上旬
・置き場所:日なた
・生育適温:25℃~28℃

【ナスの育て方】

プランターは深さ30cm以上のものを用意しましょう。土の入れ方はトマトを参考にしてください。苗を植えたら株から10cm程度離れたところに支柱を1本立て、麻ひもで茎と支柱を8の字にしてつなぎとめましょう。麻ひもは強く結ばないよう注意してください。花が咲いたら、最初に咲いた花の下にわき芽が出てきます。わき芽は2本までそのまま伸ばし、それより下に出てきたわき芽は摘み取りましょう。また、ナスは多湿を好むため水やりに注意が必要です。土の表面が常に湿っている状態を保つよう注意してください。実ができたら追肥し、十分育ったら収穫します。

高温と害虫に強い夏野菜・ピーマン

実るピーマン

野菜炒めや肉詰め、青椒肉絲などさまざまな料理に使用できるピーマンは、高温多湿を好み病気や害虫に強い頑丈な夏野菜です。ナス同様、秋まで楽しめる点も魅力の1つと言えるでしょう。なお、ピーマンも苗から育てることをおすすめします。

【ピーマンの基礎知識】

・苗植え付け:4月下旬~5月中旬
・収穫:6月上旬~10月中旬
・置き場所:日なた
・生育適温:25℃~30℃

【ピーマンの育て方】

用意するプランターは、ピーマンの場合も深さ30cm以上のプランターがおすすめです。土の入れ方は、トマトやナスと同じ要領で行ってください。最初のつぼみがついたら、つぼみから下のわき芽はすべて除去します。わき芽に養分を取られないよう早めに摘み取りましょう。支柱は実がなり始めてから設置します。株から10cm程度離れたところに支柱を立て、麻ひもで茎と支柱を8の字にしてつなぎとめてください。実がなり始めたら追肥し、たくさん実をつける場合は、早め早めに収穫しましょう。

おわりに

初心者でも比較的簡単に楽しめるプランター菜園ですが、最初は勝手が分からず戸惑うことがあるかもしれません。しかし、コツをつかめばたくさん収穫できるようになり、栽培や収穫の喜び、楽しみを感じられる余裕が出てくるはずです。ぜひご家庭でプランター菜園に挑戦してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加