• こんにちはゲストさま

花と緑で暮らしを楽しくするコラム

  • メッセージ文例集
  • 花贈りガイド
  • 365日の誕生花・花言葉
  • オンラインショッピング

クイック配送

最短で11月20日にお届けできます。
対象商品をさがす

お花屋さんの手渡しお届け

全国送料無料
お花屋さんが手渡し
おまかせデザイン

全国お花屋さんネットワーク

「イーフローラ」で贈る

海外に花を贈る

世界各国の生花店ネットワークを利用した、海外へのお届けが可能です。
詳しくはこちら

カタログ請求

最新情報を季節ごとに無料でお届け!

11月22日はいい夫婦の日!記念に残るプレゼントの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夫から妻へ花束プレゼント

日本では、11月22日は「いい夫婦の日」として親しまれています。いい夫婦の日に夫婦2人で食事へ出掛けたり、プレゼントを贈り合ったりする方もいるのではないでしょうか。日頃の感謝の気持ちを込めてパートナーにプレゼントを贈ることは、今後の夫婦生活を円満に過ごすためにも大切です。 いい夫婦の日は1年に1度しかない記念日のため、記念に残るプレゼントを選びたいものです。そこで今回は、いい夫婦の日にパートナーへ贈りたい、記念に残るプレゼントの選び方をご紹介します。

夫婦の日とは

手をつなぐ夫婦

11月22日のいい夫婦の日は、「1122=いいふうふ」の語呂合わせが元になっています。いい夫婦の日には、どのような歴史があるのでしょうか。 いい夫婦の日の歴史は、まず1985年、政府が経済対策会議で11月を「ゆとり創造月間」として提唱したことから始まります。その後1988年に、財団法人余暇開発センターが夫婦で余暇やゆとりのあるライフスタイルを楽しめるようにと、11月22日を「いい夫婦の日」として提唱しました。
同年に「いい夫婦の日をすすめる会」が設立され、いい夫婦の日の認知度は年々高まってきました。1999年からは「パートナー・オブ・ザ・イヤー」の選出が始まり、2006年からは「いい夫婦川柳コンテスト」も開催されています。

気持ちを込めたプレゼント選びを

考える男性

夫婦は毎日顔を合わせているため、あらためて感謝の気持ちを口にする機会はなかなかないかもしれません。しかし、感謝の気持ちは口に出して相手に届けなければ伝わりにくいものです。1年に1度の記念日であるいい夫婦の日には、日頃の感謝の気持ちを口にすると共に、プレゼントを一緒に贈ることをおすすめします。パートナーにプレゼントを贈ろうと考えた際、何を送れば良いか悩むこともあるでしょう。気持ちを込めて選んだプレゼントであれば、きっとパートナーは喜んでくれると思います。プレゼントを選ぶ際には、「何をプレゼントすれば相手が喜んでくれるのか」を想像しながら選ぶことが大切ではないでしょうか。

記念に残るプレゼントの例

プリザーブドフラワー

いい夫婦の日に、パートナーをいつもと違った高級レストランのディナーに招待することもプレゼントの1つです。普段忙しくてなかなか夫婦の時間を作れない方であれば、夫婦の時間を作ることそのものが記念に残るプレゼントとなるでしょう。一方、形に残るプレゼントを贈りたい場合は、どのようなものが喜ばれるのでしょうか。 妻に贈る場合は、アクセサリーなど長く使用できるものが喜ばれます。枯れずに長期間飾ることができるプリザーブドフラワーもおすすめです。夫婦の素敵な1日を華やかに彩ってくれるでしょう。夫に贈る場合は、ネクタイなど仕事でも使用できるもの、または趣味のものが喜ばれます。自分では買わないようなものを贈ると喜ばれるかもしれません。また、買うことだけに囚われず、手紙や手作りのアルバムなどを贈ることもおすすめです。あたたかみの伝わる手書きや手作りのプレゼントは、きっと相手の心に残ることでしょう。

おわりに

「いつもお仕事お疲れ様」「いつも美味しいご飯を作ってくれてありがとう」など、毎日一緒に生活しているからこそ照れくさくて言えない気持ちもあるはずです。そのような気持ちを、いい夫婦の日を機にパートナーへ伝えてはいかがでしょうか。いい夫婦の日という絶好の記念日に気持ちを伝えることが、より良い夫婦関係を築くきっかけになるかもしれません。どのようなプレゼントを選ぼうか、どのようなサプライズをしようかと相手を喜ばせようとする気持ちがあれば、きっと相手は喜んでくれるはずです。いい夫婦の日にプレゼントを渡し、より良い夫婦関係を築いてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加