• こんにちはゲストさま
  • Mother's Day 2018.5.13

ご来店ありがとうございます。
当ページの2018年母の日フラワーギフトサービスは終了いたしました。

オンラインメンバー・メルマガメンバーだけにお得な情報やネット限定商品を
いち早くお知らせします!この機会にぜひご登録ください。

MUM 母の日に喜ばれるお花 “マム”を贈ろう。

みなさまマムをご存知ですか?
近頃とっても人気のお花です。
日比谷花壇では、ぜひみなさまにマムについて知ってもらいたい!
という想いを込めてマムをご紹介いたします。

MUM guide ~マムについてのあれこれ~

ムってなに!?

マムは菊なんです。
日本を代表する花のひとつ「菊」。奈良時代に中国から伝わったとされています。昔から日本で親しまれてきた菊は、1本の茎にひとつだけ花をつける輪菊と呼ばれる種類です。

一方、マムと呼ばれる西洋菊は、1940年ころにアメリカで育成され第二次世界大戦後のヨーロッパで広まりました。種類がとても多く、日本の輪菊にはないポップな色合いと華やかなデザインが魅力です。

  • ボリューミーなマム
  • まるみがあるマム

日本では仏花のイメージがありがちですが、実はそんなことは決してありません。実際にブライダルなどお祝いの場や、ギフトなどのフラワーアレンジメントにもたくさん使われています。

主役にも脇役にもなれる万能型!他の花と組み合わせれば和の雰囲気がアップしモダンで上品な仕上がりになります。

  • アレンジメント
  • ブライダルシーン

気急上昇中!?

海外でも大変人気の高い花。品種改良が盛んにおこなわれ、現在では1万種類以上の品種があると言われています。

海外では母の日にマムを贈るのが定番!という国もあるほどです。

き方

マムの咲き方にはいろいろあります。その中でも人気なのが、まん丸な形が特徴的なポンポン咲き。名前の通りピンポン玉のような可愛らしいマムです。また、ボリューミーで花もちもいいデコラ咲きなどがあります。お気に入りの咲き方を見つけてみてください。

  • まるくてかわいいポンポン咲き
  • ボリューミーなデコラ咲き

もち

現在種類の豊富さと花もちの良さが再注目されています。特に行事ごととなると花もちの良さは大事なポイント。

マムは手入れ次第で2週間~1か月は十分にもつ花として確固たる地位を築いています。
長い間楽しめるので、ギフトとして贈ればきっと喜んでもらえるでしょう。

Mom with Mum ~母の日にマムを贈りませんか?~

マムを使ったフラワーギフトをご紹介いたします。
ママにマムを贈ってみましょう。

ママにマムを贈ろう。母の日のマムの商品をすべて見る

MUM Talk ~史上初!?お花同士の女子会トーク!~

母の日の定番「カーネーション」と新トレンド「マム」の対談が実現しました!
母の日に向けて、お互いについて語り合ってくれました

箱入り娘のお嬢様。
でも実は流行に敏感で、
チャレンジ精神旺盛。

元気いっぱいの現代っ子。
華やかな場所や
お祝い事が大好き。

母の日と言えば、一般的にはやっぱりカーネーションじゃないかしら。カーネーションも色合いがたくさんあるし、フリルのような花びらが華やかよね。
ありがとう。カーネーションをお母さんに贈る文化は、1910年ごろからアメリカを中心に広まったと言われているよ。
マムは品種改良が進んているって言ってたけど、最近はどんな感じなの?
最近では日本だけじゃなく、海外でも品種改良が進んでいて今では1万種類以上の品種があると言われているの。実は咲き方もたくさんあるの。ピンポン玉のような丸いフォルムのピンポン咲きに、花びらが細長く広がっているスパイダー咲き、花びらの密度が高く、見ごたえのあるデコラ咲き・・・
たくさんありすぎ!結局一番人気はどれなの?マムは小ぶりで可愛らしいものから、大輪の立派なもの、色合いもたくさんあるよね。私もマムと一緒にプレゼントされる機会が多いかな!
男女問わず人気なのはデコラ咲きかしら。母の日にはカーネーションだけでなく、マムの事もよろしくお願いしますわ!
マムって知れば知るほど、本当は母の日に贈り物にぴったりのお花だなって思う。両方贈るのもありよね!!
ママにマムを贈ろう。母の日のマムの商品をすべて見る
母の日の特集をご覧になる方はこちら 母の日ギフト特集

ページトップへ戻る

母の日人気ランキング

戻る

母の日ギフト特集メニュー