• こんにちはゲストさま

干支の名前の入った花

日比谷花壇がお正月に関するコラムをご紹介。
お正月の情報が満載です。

贈り物のご参考になるかも!?

    • 子(鼠)
      花の名前:鼠黐(ねずみもち)
      木犀(もくせい)科の木本で、5月から6月が開花時期です。
    • 丑(牛)
      花の名前:牛の舌(うしのした)
      ストレプトカーパスという洋名です。
    • 寅(虎)
      花の名前:虎の尾(とらのお)
      サンセベリアとも言われているメジャーな観葉植物です。
    • 卯(兎)
      花の名前:卯の花(うのはな)
      雪の下(ゆきのした)科の木本で、空木 (うつぎ)とも呼ばれています。
    • 辰(竜)
      花の名前:竜胆 (りんどう)
      秋の代表花で、街のお花屋さんでもよく見かけます。青色や紫色のものが多いですが、白色やピンク色のものもあります。
    • 巳(蛇)
      花の名前:蛇の目草(じゃのめそう)
      孔雀草とも呼ばれ、街の花壇でよく見かけます。
    • 午(馬)
      花の名前:馬酔木(あせび)
      「アセボチン」という有毒成分を含んでいるので、馬が食べると足がなえることからこのような名前となりました。
    • 未(羊)
      花の名前:未草 (ひつじぐさ)
      スイレンの一種で、昔の時刻の数え方のである、「未(ひつじ)の刻(午後2時)」の頃に花が開くことからこの名前になったそうです。
    • 申(猿)
      花の名前:百日紅 (さるすべり)
      「約100日間ピンクの花を咲かせる」ことが名前の由来。真夏の青空にピンク色がよく映えます。
    • 酉(鳥)
      花の名前:鶏頭 (けいとう)
      花が鶏のとさかに見えるのでこの名前になりました。英語でも「cocks-comb(鶏のとさか)」なので、この花に対するイメージは世界共通なのかもしれませんね。
    • 戌(犬)
      花の名前:大犬のフグリ(おおいぬのふぐり)
      春先の野原でよく見かける小さな青い花。この花が咲くと、春はすぐそこまで来ています。
    • 亥(猪)
      花の名前:猪の子槌(いのこづち)
      くっつき虫として有名です。一度は服に付いて家に帰ったことがあるのではないでしょうか。

戻る

お正月ギフト特集メニュー