Hibiya-Kadan Style(ヒビヤカダンスタイル)ブランドトップへ戻る

Hibiya-Kadan Style(ヒビヤカダンスタイル)のInstagram公式アカウント

FLOWER FARMERS:蓼科プランツ

長野県茅野市蓼科高原で作られた
高品質のドライフラワー

HIbiya-Kadan Styleでも大人気のドライフラワー。
今回は、自家栽培にこだわり高品質なドライフラワーを作る「蓼科プランツ」さんにお話を伺いました。

花それぞれの収穫時期を長年の経験で見極めた、最高のドライフラワーの花材作り。
ドライフラワー用の花材のほとんどは、長野県茅野市にある自社農園で栽培しています。
高原という土地柄をいかした標高の高低差を利用し、5箇所にわけて栽培。
そうすることにより収穫時期がずれ、収穫作業が行いやすくなります。
種類は40種を超え、1箇所の畑で10種類以上の花々が咲き、見ているだけでも楽しい花畑になります。
栽培面積は100アール。だいたい野球場1個の広さです。

そして特筆すべきは、この蓼科高原という場所でしょう。
一日の寒暖の差が大きく晴天率も高く日射量が多いため、育つ花の発色が非常に良いということです。
生花を栽培する場所としても最高の条件なのです。
その高品質の花材を乾燥させることにより、さらにきれいなドライフラワーに変身していきます。

生花の時には見られない豊かな色合いや、自然な質感のドライフラワー。
ぜひ楽しんでみてくださいね。