• こんにちはゲストさま

特集からさがす

クイック配送

最短で01月18日にお届けできます。
対象商品をさがす

お花屋さんの手渡しお届け

全国送料無料
お花屋さんが手渡し
おまかせデザイン

全国お花屋さんネットワーク

「イーフローラ」で贈る

海外に花を贈る

世界各国の生花店ネットワークを利用した、海外へのお届けが可能です。
詳しくはこちら

カタログ請求

最新情報を季節ごとに無料でお届け!

バレンタインデーに花を贈ろう!「フラワーバレンタイン」

バレンタインデーに花を贈ろう!「フラワーバレンタイン」

世界のバレンタインはチョコだけじゃない?

日本のバレンタインデーは「男性へチョコレートを贈る日」としてのイメージが強いですが、世界では「男女がお互いに愛や感謝を伝え合う日」と認識されています。
もともとバレンタインデーに贈り物をする習慣は、19世紀後半のイギリスで始まったといわれています。イギリスでは当時からチョコレートだけではなく、赤いバラなどの花にメッセージカードを添えて贈ることが一般的でした。そしてイギリスのバレンタインデー文化は欧米に広がり、バレンタインデーに「花」は欠かせないアイテムとなりました。近隣のアジア諸国でも、男性から女性へ花を贈る日として定着してきています。
バレンタインデーは“チョコレートを贈る日”だけではなく、“愛する人に感謝と共に花を贈る日”というのが世界ではポピュラーなんですね。

バレンタインデーに花を贈る男性はどのくらい?

バレンタインデーに花を贈ることに関して、日本の男性の意識調査を行った結果、2016年のバレンタインデーに花を贈った男性の割合は全回答者中わずか4.4%でした。

世界のバレンタインはチョコだけじゃない?

「フラワーバレンタイン」を知っている男性はどのくらい?

また、「フラワーバレンタイン」という言葉の認知率と、購入経験・購入意向の関係性についての調査結果では、2016年のバレンタインデーに花を贈った男性(23名)は全員「フラワーバレンタイン」を知っていましたが、花を贈らなかった男性(495名)の認知率は16.2%。フラワーバレンタインを知っている男性は積極的にお花を贈っている傾向にある、ということが言えそうです。

バレンタインデーに花を贈る男性はどのくらい?

女性がバレンタインデーに欲しいギフトは?

では、もらう側の女性はどのようなプレゼントをバレンタインデーに欲しがっているのでしょうか?
意識調査によると、バレンタインデーに欲しいギフトとして、スイーツが58.5%で最も多く、花が欲しいと答えた女性は「レストランで食事」43.8%に次いで3番目で、38.8%でした。
花は王道のスイーツやレストランに次ぐギフトとして人気がありますが、世界各国と比べて男性側が実際に贈っている例がまだまだ少ないため、今後の男性の頑張り(?)によって結果も変わってくるはずです。

女性がバレンタインデーに欲しいギフトは?

女性が欲しい花は?

ところで、実際に女性がバレンタインデーにもらいたい花と男性が贈りたい花の相関性はあるのでしょうか?こちらも意識調査によると、男性が贈りたい花と女性がもらいたい花は異なる結果が出ています。女性では、特に、赤以外のバラを選んだ人は、男性の倍以上にのぼります。もらいたい花としては、赤のバラより赤以外のバラが多く、最も人気がある形です。また、ガーベラも、女性の23.4%が欲しい花として挙げていますが、男性では6.4%にとどまっています。
女性の花の好みについて、男性はあまり知らないことがうかがえます。

女性が欲しい花は?

フラワーバレンタインにおすすめの花はこちら

フラワーバレンタインにおすすめの花をもっと見る