• こんにちはゲストさま

厳選こだわりの花苗 ガーデニングを楽しもう!

厳選こだわりの花苗

ガーデニングを楽しもう!

これから始めたい方にも、ガーデニング好きの方にもおすすめの花苗の登場です。
あこがれのイングリッシュガーデン風のお庭作りや、ベランダを癒しの空間にして、毎日の生活を楽しみたいですね。人気のバラ苗、アジサイ苗、クリスマスローズ苗をご用意しました。

  • デビッド・オースチンのバラ苗
  • 冬芽でお届けアジサイの苗
  • クリスマスローズの苗

デビッド・オースチンのバラ苗
  • 2年生大株 開花見込み株 オリビア・ローズ・オースチン(ピンク)7号鉢陶器植え込み
  • 2年生大株 開花見込み株 デスデモーナ(ホワイト)7号鉢陶器植え込み
  • 2年生大株 開花見込み株 ダーシーバッセル(レッド)7号鉢陶器植え込み
  • 2年生大株 開花見込み株 グラハムトーマス(イエロー)7号鉢陶器植え込み
  • 2年生大株 開花見込み株 レディ エマ ハミルトン(オレンジ)7号鉢陶器植え込み)
  • 2年生大株 開花見込み株 ミル オン ザ フロス(ピンク・ホワイト)7号鉢陶器植え込み)
デビッド・オースチン・ロージズについて

デビッド・オースチン・ロージズについて

デビッドCHオースチンは、バラ育種家であり、栽培家であり、著述家でもありました。彼の最初の品種、香り高い「コンスタンス・スプライ」は1961年に発表されました。以来、彼の名前で240品種以上のイングリッシュ・ローズを作出しました。いくつかの新しい品種は園芸界で話題になりつづけています。

デビッド・オースチン・ロージズ社は1969年に創立され、ファミリーのビジネスとして続けられています。現在、イングリッシュローズは世界中のバラを愛好する国で育てられていますし、いろいろな国で数々の賞もいただいております。弊社はチェルシー・フラワーショーでの展示により、24のゴールドメダルも受賞しております。

デビッド・オースチン・ロージズについて

バラ苗の育て方

デビッド・オースチンのバラ苗の育て方

  • <バラを植える場所>
  • バラは太陽の光を受けて健康に育ちます。少なくとも1日4時間は日が当たる場所を選んでください。 他の植物と近すぎないこと。バラを他の大型の植物の近くに植えてしまうと、水分や太陽光の取り合いになってしまいます。強風にさらされる場所を避けるようにしましょう。
  • <水やり>
  • ※季節やバラの状態により異なります。以下は目安になります。
  • ・11月~2月:水やりは、ほぼ不要です。
  • ・3月~4月:植えたばかりの株:2~3日おきに水やりをしてください。植えてから1年以上経過した株:1週間に1度水やりをしてください。
  • ・5月~10月:植えてから1年以上経過した株:1週間に1度以上水やりをしてください。 植えてから半年以内の株:最初の1か月ほどは1~2日おき。
  • <肥料>
  • 地植えのバラは、年間を通じて2~3回。施肥するとよいでしょう。
  • ・芽が動き始める時期(寒肥)。 2月下旬~3月頃(大阪府)
  • ・一番花が終わった後。返り咲きを促すため(お礼肥え) 6月中旬頃(大阪府)
  • ・(追肥)8月下旬頃(大阪府)
  • <剪定>
  • 1月下旬から3月の間、バラの年数によって剪定方法は異なりますので注意しましょう。
    1年目の剪定は花枝を10~15cmほど、軽く葉を取り除くなどになります。
    2年目~、全体を3分の2ほどの大きさになるよう切り戻します。
  • ・Step 1:剪定します。また他の枝より明らかに長い枝も周りとのバランスを見ながら切り戻してください。
  • ・Step 2: 4つのDを取り除きます。(Dead)枯れた枝(Dying)枯れそうな枝(Damaged)ダメージのある枝(Diseased)病気の枝
  • ・Step 3: 残っている葉をすべて取り除きます。

SITEMAP