Hibiya-Kadan Style(ヒビヤカダンスタイル)ブランドトップへ戻る

Hibiya-Kadan Style(ヒビヤカダンスタイル)のInstagram公式アカウント

デザートブッフェのようなコーディネート

フードコーディネーターとしても活躍している赤埴奈津子さんとHibiya-Kadan Styleがコラボ!
日々忙しいお母さんに、ちょっと特別なスイーツ時間を楽しんでもらうコーディネートのコツ、教えます!

STYLIST'S VOICE

今回のテーマは母の日、そしてモチーフテーマがハートだったので、
日々忙しいお母さんも、アフタヌーンティーでちょっと特別なスイーツ時間を楽しんでほしい、
とデザートブッフェのようなコーディネートにしました。
気持ちが明るくなるような鮮やかなお花に合わせて、柔らかな色合いで統一しています。
食材やお花を引き立てるためにカトラリーや食器は白ベースでシンプルなものを。
ハートモチーフはグミやパイ、タルトのトッピングクッキーでさりげなく。
お母さんも女の子なのでこのコーディネートでかわいい!
と乙女な感じを楽しんでもらえたらな、という気持ちで作りました。

CONCEPT

〜 母を想う うれしい時間 〜
今年の母の日は5月12日。忙しい日々の中で、母の日だからとお花を選ぶ。あれ、いつから言ってないかな。お母さんにありがとうって。よし、こうなったら日ごろの感謝を詰め込んで、とびきりお母さんらしいお花を贈ってあげよう。お母さん…どんな顏するかな。ふふふ、なんだかうれしくなってきた。いつの間にか、あげる私のほうが楽しんでいる。「うれしい」は伝わる。選んだ時間もプレゼントだから。

FLOWER'S POINT

試験管のような花びんやお家にあるグラスにお花を活けるだけのカンタンアレンジ! お花を贈るだけでなくお花と共に過ごす時間をプレゼントするのも良いですね。

≪スタイリング使用花材≫

カーネーション/バラ/ライラック/スノーボール/ニゲラ/グリーンベル/ゼラニウム/ローズマリー

赤埴 奈津子

Special Collaboration...

赤埴 奈津子healthy & beauty food advisor / illustrator

フランスで家庭料理を学び帰国後、朝食専門ワークショップ「Good Morning Japan」を主宰。
イラストレーターとして挿絵やブランドロゴを制作。