• こんにちはゲストさま

クイック配送

最短で10月19日にお届けできます。
対象商品をさがす

お花屋さんの手渡しお届け

全国送料無料
お花屋さんが手渡し
おまかせデザイン

全国お花屋さんネットワーク

「イーフローラ」で贈る

海外に花を贈る

日比谷花壇グループの「イーフローラ海外フラワーサービス」をご利用ください。
詳しくはこちら

夏・お中元の花ギフト特集2021 夏・お中元の花ギフト特集2021

夏におすすめのフラワーギフト

会えなくても、直接渡せなくても、愛は伝わる。
想いを届ける贈り物。

育てて楽しめる鉢物や、
気軽に飾れるフラワーアレンジメント・花束など、
お中元・誕生日・結婚記念日などのギフトとして
夏のお花を大切な方へ贈ってみませんか。

  • お中元におすすめの花
  • 花鉢
  • アレンジメント・花束
  • プリザーブド・ドライフラワー
  • 観葉植物
  • ギフトセット
  • おうち時間を楽しむ

お中元の人気ランキング

夏のギフト お中元におすすめの花

大人のご挨拶“お中元”

「お元気ですか? 私は元気にやってます」
今まであまり伝える事はなかったけど、
今年はちょっと伝えてみたい。
日頃お世話になっている方へ
季節のお花で感謝を届けませんか。

お花で応援!フレフレフラワー

夏のギフト

花鉢・ラン鉢

朝顔やホオズキ、ハイビスカス、ブーゲンビリアなど
夏を感じるお花や胡蝶蘭はいかがでしょう。
大切な方に育てる楽しみを贈りませんか。

夏のギフト

アレンジメント・
花束

季節の花々でデザインされた
花瓶いらずで人気のアレンジメントや、
自由に飾って楽しめる花束に
感謝やおめでとうの気持ちを託して。

夏のギフト

プリザーブドフラワー・
アーティフィシャルフラワー・
ドライフラワー

暑い季節にもぴったり、お手入れ不要で長く楽しめる、
プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワー、
ドライフラワーもおすすめです。
記念日の贈り物やインテリアとしても
喜んでいただけるギフトです。

夏のギフト

観葉植物

夏のお部屋を涼しげな雰囲気にしてくれる観葉植物。
テーブルや棚の上に置いて楽しむ、
コンパクトなサイズの観葉植物もおすすめです。

夏のギフト

ギフトとお花のセット

お花とお菓子やスイーツ、
お酒などがセットになったギフトもとても人気です。
素敵な夏のひと時を楽しめる贈り物に
いかがでしょうか。

夏のギフト

おうち時間を楽しむ

8月8日は「ドアリースの日」

リースのように途切れない形をしている数字「8」を
2つ重ねる
この日は一年でいちばん環(わ)が多いため、
日本記念日協会により
「ドアリースの日」の認定を受けました。

ドアリースを玄関の扉やお部屋の扉に飾って、
おうち時間を楽しみませんか。

夏のおうち時間

予算別おすすめのお花

4,000円~のお花

5,000円~のお花

花言葉別に贈るおすすめのお花

ヒマワリ

花言葉は「憧れ」「あなただけを見つめる」。色ごとの花言葉は、白「程よき恋愛」、紫「悲哀」、オレンジ「未来を見つめて」などと言われています。ヒマワリは夏をイメージさせるお花の代表格でプレゼントとしても人気の花です。

アサガオ(朝顔)

花言葉は「淡い恋」「愛情」「結束」。色ごとの花言葉は、白は「固い絆」「あふれる喜び」。青は「儚い恋」「短い愛」。紫は「冷静」。ピンクは「安らぎに満ち足りた気分」などと言われています。

クレマチス

花言葉は「美しい精神」「旅人の喜び」「策略」。クレマチスは細長いつるを伸ばしながら成長し、大きく華やかな花を咲かせます。英国ではその美しい姿から「つる性植物の女王」として愛されています。

お中元ギフトについてよくある質問

お中元におすすめのお花の種類は何ですか?

お中元のフラワーギフトには、その季節の旬の生花を贈りましょう。お中元は夏の季節なので、部屋に飾るだけで元気が出るようなお花や、涼を感じるお花などが良いと思います。サンサンと輝く太陽の下で咲く花や、見ているだけで元気や癒しを与えてくれるアサガオやヒマワリ、クレマチス、ランなどのお花がおすすめです。

お中元の予算の相場はどれくらいですか?

お中元の相場は、贈る側の年齢やお世話になった度合いなどによって異なりますが、一般的に3,000円~5,000円ほどといわれています。仕事関係でとてもお世話になった方に贈る場合は8,000円~10,000円の商品が選ばれる場合もあります。決まりが特にあるわけではありませんが、これくらいの金額が相場のようです。ただし、あくまで目安になりますので、ご自身が出せる範囲の予算でお中元ギフトをお贈りしましょう。

お中元の熨斗(のし)はどう書けばいいですか?

熨斗紙や掛紙は、書き方をはじめ意味や選び方が細かく決められています。書き方について詳しくはこちらのページでご紹介をしていますのでご参考にしてみてください。

お中元を贈るタイミングとしていつがベストでしょうか?

お中元は関東・関西・九州など、日本全国の地域ごとに贈る時期が異なります。

  • 【北海道】7月中旬から8月15日まで
  • 【東北・関東】7月初旬から7月15日まで
  • 【北陸】地区によって7月と8月に分かれる
  • 【東海・関西・中国・四国】7月中旬から8月15日まで
  • 【九州】8月1から8月15日までが一般的
  • 【沖縄】旧暦の7月15日まで

詳しくはこちらのページでご紹介をしていますのでご参考にしてみてください。

お中元の読み物

お中元とは

お中元の「中元」は、道教の習俗「三元(上元・中元・下元)」のひとつで、陰暦7月15日(上元は1月15日、下元は10月15日)のこと。道教では中元を人間贖罪(しょくざい)の日として、一日中火を焚いて神を祭る盛大なお祭りが行われたものが、仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と混同され、お中元は祖先の霊を供養する日となりました。

江戸時代以降、お中元に親類や知人が往来し、盆の礼として贈り物をする風習が生まれ、お世話になった人に贈り物をする習慣へ変化して現在に至ります。

【お中元のマナー】熨斗の名前はどう書く?お中元の「のし」の書き方

日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを込めて贈るお中元。そのお中元に欠かせないものが熨斗(のし)です。お中元につける熨斗の選び方や書き方に迷った経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、いつも店員に任せているため、自分では熨斗のマナーを良く分かっていない方も多いかもしれません。そこで今回は、お中元に欠かせない熨斗(のし)について、由来や名前の書き方をご紹介します。

【お中元のマナー】お中元の時期はいつ?関東・関西・九州など地域別の時期

夏が近づくにつれ、お中元をどうしようかと考え始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。お中元は、親しい方やお世話になった方へ日頃の感謝を伝えるための大切なコミュニケーションツールの1つです。しかし、社会人になったことを機にお中元を贈ろうと考えている方など、初めてお中元を用意する方の中には「お中元はいつ贈ることが正しいのか」分からず、困ってしまうこともあると思います。お中元は地域によって贈る時期が異なるため、関東・関西・九州など、日本全国の地域ごとにお中元を贈る最適な時期を把握しておきましょう。 そこで今回は、関東・関西・九州など地域別のお中元の時期をご紹介します。

夏を感じる読み物

七夕の笹飾りの由来は?七夕飾りと五色の短冊の意味

七夕と言えば、天の川を隔てて会うことができなくなった織姫と彦星が、1年に1度だけ会うことができるというロマンチックな星物語が有名な日です。毎年7月7日の夜に、願い事を書いた色とりどりの短冊や七夕飾りを笹の葉につるし、星に祈る習慣が各地で広く親しまれています。子どもの頃に色紙で飾りを作ったり、短冊に願い事を書いて笹に飾ったりした方も多いのではないでしょうか。今回は、七夕の笹飾りの由来はや七夕飾りと五色の短冊の意味についてご紹介します。

情熱的な花言葉を持つ、ブーゲンビリアの育て方

鮮やかな色彩で南国の雰囲気を演出するブーゲンビリア。「情熱」「あなたしか見えない」などの情熱的な花言葉がよく似合います。赤紫やピンクの美しい色が目を引くブーゲンビリアですが、花びらに見える部分は実は苞(ほう)という葉の一部です。花の本体は先端が開いた筒状の部分で、それらが3輪集まって、1つの花のように見えています。 今回は、空間を華やかに彩ってくれるブーゲンビリアの育て方をご紹介します。

配送料金

商品1点につき、全国一律 配送料1,100円(本体価格1,000円)をいただきます。
※配送先が同一の場合でも、商品1点ごとにご負担いただくことをご了承ください。

お支払い方法について

クレジットカード

ご利用いただけるカードは、VISA、MASTER、JCB、AMEX、ダイナースとなります。

VISA、MasterCard、JCB

後払い(NP決済)

商品の到着を確認してから、「コンビニ」「郵便局」「銀行」で
後払い(NP決済)できる安心・簡単な決済方法です。

NP後払い 商品確認後、請求書で「後から」お支払い

Amazon Pay

Amazon PayはAmazon.co.jpに登録されているクレジットカード情報を使って
ご注文いただけるサービスです。

Amazon Pay

日比谷花壇について

日比谷花壇は1872年(明治5年)に創業いたしました。庭園業を原点に、以来日本を代表するホテルへの出店、宮内庁からのご用命、重要な外交シーンの会場装飾など、花屋の域を超えて歴史の重要なシーンの数々に携わってきました。ブライダル、ショップ、EC、お葬式、法人営業、官民連携の6事業を基軸に、現在約16の多彩な事業モデルを展開。結婚披露宴でおなじみの花束贈呈は、実は日比谷花壇が70年以上も前に発案したもの。ブライダル会場の装花スタイル確立にも大きく貢献してきました。北海道から沖縄まで、全国の主要駅や百貨店、ホテルなどに約100店舗を展開しています。全国有数の生産者が育てる高品質なお花をお届けいたします。

SITEMAP

  • プライバシーマーク