• こんにちはゲストさま
夏・お中元の花ギフト特集2021 Happy Summerキャンペーン~お花で元気になろう~

花と緑で暮らしを楽しくするコラム

  • メッセージ文例集
  • 花贈りガイド
  • 365日の誕生花・花言葉
  • オンラインショッピング

クイック配送

最短で08月01日にお届けできます。
対象商品をさがす

お花屋さんの手渡しお届け

全国送料無料
お花屋さんが手渡し
おまかせデザイン

全国お花屋さんネットワーク

「イーフローラ」で贈る

海外に花を贈る

日比谷花壇グループの「イーフローラ海外フラワーサービス」をご利用ください。
詳しくはこちら

端午の節句(こどもの日)に菖蒲湯に入り、柏餅・ちまきを食べる由来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青空と鯉のぼり

5月5日は国民の祝日「こどもの日」です。こどもの日は男の子の節句とされている、端午の節句の日でもあります。端午の節句には菖蒲湯に入り、関東では主に柏餅を、関西では主にちまきを食べる風習があります。しかし、各風習の由来を知らない方は意外と多いのではないでしょうか。ここでは端午の節句に菖蒲湯に入り、柏餅・ちまきを食べる由来を、端午の節句の歴史と共にご紹介します。

【端午の節句の風習1】菖蒲湯に入る由来

菖蒲湯

こどもの日に菖蒲湯に入る由来は端午の節句の歴史と深い関係があります。端午の節句は、古代中国において、月の初めの厄払い行事として生まれました。 古代中国では、雨季を迎える5月は病気や災厄が増えることから、邪気を祓うために菖蒲を使用した行事があります。菖蒲の持つ強い香りが邪気を祓うとされていたため、邪気払いに菖蒲が使用されていたようです。また、菖蒲は菖蒲湯として使用されるだけでなく、お酒に浸して飲むこともありました。

端午の節句に菖蒲を使用する風習が日本に伝わり、平安時代には、宮中行事として端午の節会が行われます。端午の節会では、香りの強い菖蒲を身に付けたり、菖蒲を丸く固めたものを飾ったりしました。鎌倉時代から江戸時代になる頃には、端午の節句は男の子の行事として認知されます。当時は武家社会だったため、「勝負」「尚武」などの言葉にかけられた菖蒲に、男の子が逞しく成長することを願いました。当時の風習を残しながら、端午の節句は今日に至るまで続いています。菖蒲湯は体をいたわるだけでなく、厄除けの効果やこどもの成長を祈るための行事です。 菖蒲湯はリラックス作用や血行促進が期待できる他、肩こりや腰痛予防にも効果があると言われます。こどもの日に家族で菖蒲湯に入ることもおすすめです。

【端午の節句の風習2】柏餅を食べる由来

柏餅

端午の節句に柏餅を食べる風習は、江戸時代に日本で生まれました。柏は、冬になっても葉を付けたまま過ごし、新芽が吹く頃に落葉する特徴があります。後継ぎができるまで葉を落とさないため、縁起担ぎのめでたい木と言われています。神事に欠かせない餅を縁起の良い柏の葉で包んだ柏餅を端午の節句に食べることにより、男の子が元気に育つことを願っています。柏の木は西日本にはあまり生育していません。また、江戸には跡継ぎを大事に考える武家が多く存在していたことから、柏餅を食べる風習は関東を中心に東日本へ広がりました。

【端午の節句の風習3】ちまきを食べる由来

ちまき

ちまきを食べる風習も、中国の古い歴史に由来します。 古代中国に、屈原という忠誠心の高い高名な詩人がいました。政治にも携わっていた彼は、多くの人民から支持されていましたが、それを好ましく思わない者の陰謀によって国を追われ、川へ身投げしたという言い伝えがあります。嘆き悲しんだ多くの民は、屈原が魚に食べられないよう川へちまきを投げ入れました。 この言い伝えから、中国では、ちまきは「忠誠心が高い象徴」として考えられています。そのため、忠義のある子に育つことを願い、こどもにちまきを食べさせました。屈原が入水した日が5月5日であったことから、端午の節句にちまきを食べる風習が生まれ、日本に伝わっています。 ちまきを食べる風習は、当時の都があった関西・近畿を中心に西日本へ広がりました。

おわりに

端午の節句に行う風習の由来についてご紹介しました。それぞれの風習の由来を知れば、行事に懸ける想いや楽しみ方も変わってくるはずです。逞しく、忠誠心ある男の子が、次の代まで災い無く育つよう祈願する1日にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SITEMAP

  • プライバシーマーク