• こんにちはゲストさま
Happy Autumnキャンペーン2021 ~深まる秋を花と楽しむ~ マイページのイベント登録で素敵なプレゼント

花と緑で暮らしを楽しくするコラム

  • メッセージ文例集
  • 花贈りガイド
  • 365日の誕生花・花言葉
  • オンラインショッピング

クイック配送

最短で09月22日にお届けできます。
対象商品をさがす

お花屋さんの手渡しお届け

全国送料無料
お花屋さんが手渡し
おまかせデザイン

全国お花屋さんネットワーク

「イーフローラ」で贈る

海外に花を贈る

日比谷花壇グループの「イーフローラ海外フラワーサービス」をご利用ください。
詳しくはこちら

ユリの花粉がとれない!洋服にユリ花粉が付いた時の取り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚式場の白いユリ

ユリは上品で優雅な印象から、結婚式やレストランなどさまざまな場面で飾られることが多い花です。品種も数多くあり、甘く特徴的な香りは人々をリラックスさせてくれる効果があります。しかし、ユリの花粉が洋服に付いて困った経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。ユリの花粉は粘着性があり草木染めの材料としても使用されています。そのため、一度洋服に付くと非常に取りづらいです。さらに、服についた花粉の扱い方を間違えると、取り返しのつかない染みを作る原因になります。そこで今回は、洋服に付いたユリの花粉の取り方をご紹介します。

花粉が取れにくい原因

ユリの花粉

ユリの花粉の主成分は脂質類です。そのため、粘着力が強くベタベタしています。これは花に近づいた昆虫の体に花粉を付け、受粉しやすくするためです。 また、ユリの花粉は草木染めの材料として使用されるほどの強い色素を持っています。そのため、一度洋服に付いてしまうと頑固な染みとなり、なかなか落とすことができません。

花粉が洋服に付いた際の注意点

洋服に花粉が付いた場合、絶対に手で払い落してはなりません。払った手に花粉が付き被害を広げてしまう可能性があるためです。さらに手の油分によって花粉が洋服に定着する恐れがあります。また、水で洗い流したり、濡れた布でこすったりすることも避けてください。水を使用することによって花粉が繊維の中に入り込み、定着する原因になります。このような状態になると、花粉を取ることは困難です。

【花粉の取り方1】表面の花粉を取る

ティッシュ箱から1枚取り出すところ

ユリの花粉が洋服に付いた際に最初に行うべきことは、表面に付いている花粉を取り除くことです。まず、花粉を乾燥させ、その後ティッシュペーパーや柔らかいブラシなどを使用して、表面の花粉を丁寧に払い落とします。粘着テープを使用することも有効的です。この際、花粉が付いた部分で、同じ個所を何度も触らないようにしてください。

掃除機がある場合、花粉を掃除機で吸い取る方法も良いでしょう。掃除機の先端部分を取り外し、丸いノズル部分を使用して花粉を吸い取ります。ノズルの吸い込み口に輪ゴムなどを使用して布を固定し、軽く押し当てるように吸い込みましょう。最初は掃除機の設定を「弱」にし、様子を見ながら強度を調節してください。強度が強すぎると生地を傷めてしまうため注意が必要です。

【花粉の取り方2】直射日光に当てる

白いシャツを干す女性の手元

表面の花粉を落とした後は、花粉の付いた洋服を直射日光に当てましょう。紫外線には色素を吸収する力があります。花粉が付いた洋服を直射日光に数時間当てることにより、洋服に残っている染みを薄くすることが可能です。直射日光による色あせに気を付けながら行いましょう。

【花粉の取り方3】除光液や無水エタノールを使用する

ユリの花粉による洋服の染みは、除光液や無水エタノールを使用しても落とすことができます。 除光液に含まれている「アセトン」という成分は、脂溶性のものをよく溶かす性質を持っているため、ユリの花粉による染みに効果的です。 無水エタノールは薬局で購入できます。無水エタノールとはアルコールの一種で、油性の染みを取る際に効果的です。 この2つを使用する場合、まずは花粉が付いている部分の下にタオルを敷いてください。次に除光液または無水エタノールを含ませた布を使用して、下に敷いたタオルに染みを移すように優しく叩きます。その際、決してこすらないよう注意しましょう。

【花粉の取り方4】クリーニング店に相談する

今回ご紹介した方法を試しても花粉が取れない場合は、信頼できるクリーニング店に相談することをおすすめします。水洗いは禁物のため、ユリの花粉による染みであることを伝え、必ずドライクリーニングを指定してください。染みの大きさや洋服の素材によってクリーニング料金が異なる場合があります。そのため、事前に見積もりを出してもらうと安心です。

おわりに

ユリは種類にもよりますが、5月から8月ごろに見頃を迎えます。初夏から真夏にかけて目にする機会が増えるでしょう。万が一ユリの花粉が洋服に付いた場合は、今回ご紹介した方法をぜひ試してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SITEMAP

  • プライバシーマーク