• こんにちはゲストさま
父の日ギフト・プレゼント特集2024 もうすぐ父の日 PaPa with Flowersキャンペーン
  1. 花・花束を贈るフラワーギフト通販の【日比谷花壇】
  2.  > 
  3. 花と緑で生活を楽しくするコラム
  4.  > 
  5. お中元の時期はいつ?地域別の時期や贈るときのマナー・注意点などを解説

花と緑で暮らしを楽しくするコラム

  • メッセージ文例集
  • 花贈りガイド
  • 365日の誕生花・花言葉
  • オンラインショッピング

クイック配送

最短で05月22日にお届けできます。
対象商品をさがす

お花屋さんの手渡しお届け

全国送料無料
お花屋さんが手渡し
おまかせデザイン

全国お花屋さんネットワーク

「イーフローラ」で贈る

海外に花を贈る

日比谷花壇グループの「イーフローラ海外フラワーサービス」をご利用ください。
詳しくはこちら

お中元の時期はいつ?地域別の時期や贈るときのマナー・注意点などを解説

お中元の時期はいつ?地域別の時期や贈るときのマナー・注意点などを解説

夏が近づくにつれ、お中元をどうしようかと考え始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。お中元は、親しい方やお世話になった方へ日頃の感謝を伝えるための大切なコミュニケーションツールの1つです。

しかし、初めてお中元を用意する方の中には、「お中元はいつ贈るべきなのか」「どんなものを贈ればいいか」などが分からず、困ってしまうこともあると思います。そこで今回は、地域別に異なるお中元の時期やマナー、注意点、おすすめの品物などをご紹介します。

そもそもお中元とは?由来や定着までの歴史

そもそもお中元とは?由来や定着までの歴史

夏の挨拶として定着しているお中元は、もともと中国に由来を持ちます。古来から中国で信仰されている道教では、旧暦の1月15日を「上元」、旧暦の7月15日を「中元」、旧暦の10月15日を「下元」と定め、それぞれの日に神様へお供え物をする行事がありました。これが日本へ伝わったあと、お正月にご先祖様の霊を迎えてお供え物をする、日本古来の「御霊祭」の風習と融合。親類や血縁者へお供え物を配る習慣となったと言われています。

お中元の時期とは?

お中元の時期とは?

実は、お中元を贈る時期は地域ごとに異なります。お中元はもともと日頃の感謝の気持ちを伝えるもの。マナーとして贈る相手が住む地域のならいに合わせ、適切なタイミングで届けることで、時期が過ぎてからお中元を贈ってしまったということがないように気をつけましょう。

【北海道】7月中旬から8月15日まで

北海道では、旧盆の時期にあたる7月15日~8月15日にお中元を贈ることが一般的です。

1ヶ月間と比較的期間に余裕があると言えるでしょう。ただし、別の地域から7月15日よりも早くお中元が届くことがあるためか、北海道でのお中元の時期も徐々に早まってきているようです。8月16日以降はお中元ではなく「残暑見舞い」という扱いになります。北海道の方にお中元を贈る場合は、8月15日までに届くよう気をつけましょう。

【東北・関東】7月初旬から7月15日まで

東北と関東は、一般的に7月初旬から7月15日までがお中元の期間です。

従って、7月1日~7月15日までに届くよう手配してください。7月16日以降はお中元ではなく暑中見舞いの扱いになります。 近年では東京・神奈川を中心にお中元の時期が早まっていて、6月20日ごろから贈りはじめる方が増えているようです。理由として、関東・東北はお中元の期間が短いことが挙げられます。お中元はもともと直接持参することがマナーとされていましたが、現在は地理的・時間的に配送することが一般的です。 しかし、2週間という短い期間にお中元の配送が集中してしまうため、日時指定ができない、または日時を指定しても配送が遅れることがあります。このような事態を避けるために、念のため早めに配送する方が増えたと考えられます。

【北陸】地区によって7月と8月に分かれる

北陸の場合、関東と同じく7月初旬~7月15日にお中元を贈る地区と、北海道と同じく7月15日~8月15日の時期に贈る地区に分かれます。都市部を中心とした広い範囲で関東と同じ時期に贈るため、北海道と同じ時期の地区は比較的少ないようです。北陸の方にお中元を贈る場合は、特に注意しましょう。

【東海・関西・中国・四国】7月中旬から8月15日まで

東海・関西・中国・四国のお中元は、7月15日~8月15日までに贈ることが一般的です。

しかし、お中元の時期が最も早い関東の影響を強く受け、年々早くなっています。 お中元として贈ることができる時期は8月15日までのため、8月16日から9月上旬までは残暑見舞い扱いとなります。しかしお中元の時期が早まっていることもあり、9月に入ってから残暑見舞いを贈ると、先方に届くのが遅いと思われる可能性があります。どうしても8月15日までにお中元を贈ることができない場合は、8月25日ごろまでに残暑お見舞いが届くよう手配しましょう。

【九州】8月1から8月15日までが一般的

九州の場合、関東や東北と丸1ヶ月もお中元の時期が異なります。九州の方にお中元を贈る際は、8月1日から8月15日までに届くよう手配しましょう。

ただし、やはり九州でも年々お中元の時期は早まっており、7月中に贈る方も増えているようです。残暑見舞いとして贈る場合でも、関西などの地域と同じく8月25日頃までに届くよう気をつけてください。

【沖縄】旧暦の7月15日まで

沖縄は他の地域とは異なり、旧暦の7月15日までにお中元を贈ることが主流です。

そのため年によって、お中元の時期が異なります。沖縄の方にお中元を贈る場合は、その年の旧暦7月15日を確認し、その日までに届くようにしましょう。

お中元を受け取る側のマナーとは?

お中元を受け取る側のマナーとは?

お中元とは基本的に、立場としては目下にあたる人が、お世話になった目上の方に向けてお礼として贈るものです。その場合、お返しの品を贈る必要はないとされています。

とはいえ、品物で返礼をしない場合でも、マナーとしてすぐにお礼を伝えることは必要です。通常はお中元を受け取ってから3日以内、遅くとも1週間以内にはお礼を伝えてください。ごく親しい相手の場合は電話やメールでもOKですが、なるべくなら手書きのお礼状を贈ることをおすすめします。仕事上のお付き合いで数多くお中元を受け取っている場合は印刷でも問題ありませんが、やはりひと手間かかる直筆は、相手の気遣いに対して感謝や誠意を伝える有効な手段です。

お礼状は、以下の内容で構成しましょう。

  • お中元を無事に受け取ったこと
  • 贈っていただいたことへのお礼
  • いただいた品物に対する感想
  • 【プライベートの場合】お中元をもらった相手やその家族を気遣う言葉
  • 【ビジネスの場合】相手先の会社の発展と社員一同の健勝を祈る言葉

友人や同僚、兄弟や親族間で品物を贈ることもあります。また仕事上の付き合いなどでは、相手との関係性を考慮して返礼品を贈った方がよい場合もあるでしょう。その際は、いただいたものと同程度の金額の品物でお返しをするのが一般的です。いただいた品物より高額になると「今後のお中元は不要です」という意味になってしまうため、注意してください。

お中元のおすすめの贈り物

お中元のおすすめの贈り物

お中元におすすめの品としては、以下のものが挙げられます。

  • ビールや清涼飲料水などドリンク類のセット
  • アイスやゼリーなどのスイーツの詰め合わせ
  • ハム・ソーセージ、うなぎ、素麺・冷麦などのグルメ
  • 食用油や洗剤などの消耗品
  • カタログギフト
  • フラワーギフト

お中元には、食べたり使ったりすれば消えてしまう「消えもの」がよく選ばれています。ギフトとしてそこまで高額にならず、もらう側も気軽に受け取れることが理由です。

季節柄、暑い中で消費が多くなるビールやドリンク類、「厳しい暑さを乗り切ってください」という意味をこめた滋養のあるグルメや、食欲が落ちていても食べやすい素麵・冷麦などの食べ物が定番です。また涼し気なアイスやゼリー、和菓子といったスイーツ類も喜ばれます。相手方の好みがわからない場合は、食用油や洗剤など季節を問わずいくらあってもよいものか、複数の候補から自分の好きなものを選んでもらえるカタログギフトを選びましょう。季節のお花を使ったフラワーギフトも、暑さで疲れた心を癒してくれるおすすめの贈り物です。

お中元の予算相場は、贈る相手との関係性にもよりますが、親族間など親しい間柄で3,000円~5,000円程度仕事の取引先や特にお世話になった方には3,000円~10,000円ほどと言われています。お中元は単発のお礼ではなく基本的に毎年贈るもので、金額が下がるのは失礼にあたります。今後も贈り続けることを見越し、無理のない金額の品物を選ぶようにしてください。また最近では、コンプライアンスの観点から会社の規則などでお中元やお歳暮などの贈答品の受け取りを禁止されている場合もあるため、贈る前に確認しておきましょう。

暑中見舞い・残暑見舞いの時期は?

お中元以外の夏の挨拶として、暑中見舞い残暑見舞いがあります。「暑中」1年でもっとも暑さが厳しいとされる梅雨明けからお盆前「残暑」は暦の上では秋を迎える立秋8月7~8日頃から8月末までを指します。暑さがピークだったり、逆になかなか終わらない暑さのなかで、相手の健康を気遣って伺いつつ、自分の近況を伝えるものです。

お中元、暑中見舞い、残暑見舞いは贈る時期が近接していますが、意図はどれも似ていますので、1つだけ贈れば問題ありません。もしお中元を贈る時期を逃してしまったら、暑中見舞いか残暑見舞いとして贈りましょう。またお中元の返礼の時期がいずれかにあたるなら、お礼状のなかで「暑中お見舞い申し上げます」「残暑お見舞い申し上げます」と記載するのがよいでしょう。

暑中見舞い・残暑見舞いについてもっと詳しく知りたい場合は、こちらの記事を参照してください。

おわりに

お中元を贈る時期は、7月初旬から8月15日までの約1ヶ月のうち、地域ごとに1週間から1ヶ月、期間が異なります。お中元は気持ちを贈るものとはいえ、地域によって習慣が異なります。異なる地域にお中元を贈る場合はできるだけその地域のお中元の時期を守り、失礼がないようにしましょう。しかし、現在は関東のお中元時期が早まっている影響により、全国的にお中元の時期が早まってきています。地域差は徐々に狭まっているのかもしれません。



お中元人気ランキングお中元人気ランキング一覧へ

夏の花ギフト特集

夏の花ギフト特集はこちら

  • プライバシーマーク