• こんにちはゲストさま
  • Autumn Gift 2016

母の日に贈る花の種類は何が良い?
生花店での花の買い方・選び方

日比谷花壇が母の日に関するコラムをご紹介。
母の日の情報が満載です。
花屋の店頭

母の日のシンボルと言えば、赤いカーネーションですが、他にはどのような花が選ばれているのでしょうか
ここでは母の日に好んで贈られるカーネーション以外の花や、花束やアレンジメントを生花店で購入する際のポイントをご紹介します。

母の日に贈る花束やアレンジメントに選ばれる花

ピンクの花束

バラ

華やかさと香りの良さから抜群の存在感があるバラは、花束やフラワーアレンジメントの主役になります。赤いバラの花言葉は「愛情」や「美」です。また、ピンクのバラは「感謝」や「しとやか」という意味を持ちます。そのため、母の日の贈り物としてバラを選ぶ場合は、赤やピンクのバラがおすすめです。

ガーベラ

ガーベラの丸みを帯びたポップなイメージの花びらは、見る人の気持ちを明るく元気にしてくれます。ガーベラの花言葉は、赤が「前進」、黄色は「親しみ」、ピンクは「愛」や「美」です。

ユリ

凛として高貴なイメージのユリの花は、花束でも主役級の存在感があります。花言葉は、白が「純潔」、黄色は「飾らぬ美」です。

チューリップ

色も咲き方も豊富なチューリップの花言葉は「愛」です。主役にも脇役にもなれる花であるため、アレンジの幅を広げてくれます。

スイートピー

ひらひらとした花びらが愛らしいスイートピーの花言葉は「優しい思い出」です。花束に加えると華やかで、全体的に可愛い雰囲気になります。

生花店での花の買い方・選び方

花束を作る女性

生花店で贈り物用の花束やアレンジメントを購入する際の最も簡単な選び方は、店に陳列されている既成品から選ぶ方法です。完成形を見ながら選ぶことができ、その場でラッピングしてもらえます。

花束のサイズと料金の目安は1,000円で小ぶりな花束、2,000円では女性が片手で抱えるくらいのサイズ、3,000円ではもう一方の手も添える程度の大きさです。5,000円以上の花束は、両手で抱える程のボリューム感のあるサイズになります。

その場で花束やアレンジメントをオーダーして作ってもらう場合は、花束やアレンジメントの予算や完成形のイメージを具体的に伝えましょう。さらに、プレゼントする相手の性別や好きな色、どのような用途で贈るのかなどの情報を伝えると、よりイメージが伝わります。使って欲しい花がある場合は、リクエストすることもポイントです。

その場で花束やアレンジメントを作ってもらうメリットは、相談しながら希望に沿った花束を作ってもらえる点です。好きな花を使ってもらったり、予算に合わせて作成してもらえたりします。ただし、花束1つ作成するためには、20分程度の時間がかかります。時間に余裕を持って生花店に行きましょう。

急ぎの場合は、電話で事前予約することをおすすめします。電話でも、店頭で依頼する場合と同様の情報を伝えてください。受け取り日時も指定することにより、待ち時間なく花を受け取ることができます。

ネットショップの活用

ノートパソコンを操作する女性

最近ではインターネットを使用した花の注文も一般的になっています。インターネット専門の生花店も増え、選べる幅が広がりました。
ネットショップは注文から支払い、配送の手続きまで店に足を運ぶことなく済ませることができるため、花を買いに行く時間がない方におすすめです。
注文の際は申し込み欄の備考欄を利用して、定型の記入欄では伝えられない情報を伝えましょう。店頭で花を買う場合と同じように、希望に沿った対応をしてくれます。

おわりに

定番のカーネーションも良い母の日のプレゼントですが、想いを込める贈り物の形は1つではありません。
母親の好きな花、好きな色、花言葉に込めたい願いなどを考えると、ぴったりなフラワーギフトは人によってさまざまです。 今年は色とりどりの花で、花束やアレンジメントをオーダーしてみてはいかがでしょうか。

母の日人気ランキング母の日人気ランキング一覧へ

戻る

母の日ギフト特集メニュー

  • プライバシーマーク

Copyright © 株式会社日比谷花壇 All Rights Reserved.