• こんにちはゲストさま

関連特集

カタログ請求

最新情報を季節ごとに無料でお届け!

日比谷花壇 2019 カレンダー

花とともに暮らす一年を贈る。
映像と音楽で楽しむ2019年カレンダー。

2019年日比谷花壇オリジナルカレンダー「花符」。
薄羽のような1分1秒を1枚ずつそっと重ね、1日となりやがて365日が紡がれます。
過ぎてゆく日々を慈しめるように、たおやかな映像と音楽とともに美しい花を楽しめるカレンダーです。
  • 表紙 LIFE

    リズムのように一刻一刻と喜怒哀楽で溢れる毎日は、あなた次第でいろんな色へ彩られる。きっと明日はいい日になる。あなたらしく、色んな色へ彩りある一年を過ごして欲しいという気持ちを込めて。

    中山奈々 Nana Nakayama

    ホテル・ゲストハウス・ショップで幅広い業務を経験。ナチュラルスタイルのデザインを得意とし、さまざまなショップ形態での経験を活かして活躍中。チームの力でお客様の多様なニーズに応え、期待以上のご提案をして喜んでもらえるように日々励んでいます。

  • 1月 結

    様々な小花たちが新年の訪れを喜んで、お花同士が結びついてつながっているような様を、花のあしらいやお花で表現しています。花の伸びやかに生える躍動感を感じていただければと思います。

    星麻美 Mami Hoshi

    時代の流行やニーズを取り入れ、強みである自由な発想からインスピレーション溢れるクリエイティブを得意とする。ウエディング、空間装飾、店舗ディレクションなど得意分野は多岐にわたり、モダンかつシンプルなクリエイティブは国内外から高い評価を得ています。

  • 2月 譚歌

    デザインコンセプトは"宿り木"。肌寒い冬に、春を恋しく想う気持ちをやさしく表現しました。花たちが共存して寄り添い合い、ほのかにあたたかな夕日に染まりながら一緒に揺らいでいる様子に、ぬくもりを感じていただければと思っています。

    小瀬木 杏菜 Ozeki Anna

    入社7年目、ブライダル事業部に在籍中。自然の色は美しく感動を生む力があり、アートは魅力的でひとを惹きつける力があると思っています。花とみどりと私の手で、一生に一度のウェディングに、人生に、鮮やかに残るキラキラと輝く世界を作るお手伝いしていくことを目標としています。

  • 3月 会別色

    自分がもらって嬉しい花、多くの方に贈りたいと思える花、毎日見てきれいだなと思っていただける花を念頭にデザイン。そして、3月という別れと出会いの季節を人が成長する機会ととらえ、花と緑でシンプルに表現しています。

    福井崇史 Takashi Fukui

    ホテル装花、ゲストハウスのウェディングフラワーを手がけ、ヒビヤフラワーアカデミーにおいて講師を務めるなど、多彩な経験と実績を持つシニアデザイナーのひとり。現在は商品企画部門に在籍。オンライン販売の各種ギフト商品をデザインするかたわら、音楽と花のコラボレーション・パフォーマンスといった分野でも活躍し、花文化の啓蒙に努めている。

  • 4月 陰翳(いんえい)

    お花自体は明るい色でグラデーションを作り、背景に影を持たせました。お花のカラーは「桜」をイメージしたピンクやライトピンク。すぐに散ってしまうようなはかなさを感じるお花を中心に、「これから明るくなる朝方」のような薄暗さを表現しました。

    堀内いずみ Izumi Horiuchi

    京都を中心にブライダルのフラワーコーディネート・空間装飾を提案。最新のトレンドを取り入れたナチュラルなデザインを得意としています。

  • 5月 陽遊

    くるくるまわる風を追いかけながら、太陽の光が木々の間をふわふわと踊るように飛び回る…ちょっとひとやすみ…幸福感に包まれた暖かな陽が花束となって降り注ぎます。

    野間香織 Noma Kaori

    ホテル店にて、ウェディング装花やデザイン企画を担当。学生時代、美術を学んできたことを生かし、モダンでアート性のあるテイストを得意としています。気がつけば、いつも思い出のそばに花がある。お客様にとって、そんな記憶の目印になるようなフラワーデコレーションをご提案します。

  • 6月 しずくいろ

    梅雨の時期、束の間の晴れた朝に、葉や花弁にたたずむ美しいしずく。昨日までたくさん降っていた雨が、森の中のさまざまな植物にしずくとなって現れ、太陽が当たってきらきらと輝きます。静かな森の中で聞こえるのは、鳥の声や水の音。目を閉じて、スーッと深呼吸。目にするものすべてが美しく洗い流されているようなイメージをブーケで表現しました。

    櫻井崇子 Takako Sakurai

    日比谷公園や帝国ホテルのショップにて、積み重ねた豊富な知識で多様なニーズに応え、「季節感」を大切にした花選びと色合わせを得意としています。お客様と会話をしながら、イメージを作り上げることをポリシーに、ひとりひとりの想いを花に込めて表現するフローリスト。トレンドを捉えたデザインで、お客様の心に寄り添ったご提案を日々行っています。

  • 7月 時雨(しぐれ)

    カレンダーのテーマ曲から、水に打たれた植物が自然の恵みを喜んでいるかのようなイメージが湧きました。緑の中で、雨が降り緑の香りが深く漂う。一瞬暗くなってもすぐに雨がやみ、植物が陽の光を浴びてきらきらと輝く。自然の恵みを受けて力強く咲く花をイメージしました。

    小野瀬 景 Hikari Onose

    長年にわたる店頭販売の経験を活かし、店頭のお客様が求めるもの、また新たな発見や感動を提供する商品展開を手掛けています。

  • 8月 入道雲

    例えば、夏休みの暑い日に木陰でパタンと寝ころぶと、草花がどんどん伸びてきて包み込まれてしまう――そんな夢と現実の間で、草花の生命力を感じながら深呼吸。空を仰ぎ見るようなイメージで制作しました。

    朝鵜桃花 Momoka Asau

    学生時代に油画を専攻後、人が経験する様々なライフイベントをもっと素敵にしたいという思いから日比谷花壇に入社。ホテルブライダルを中心に、お花で彩った心に残るシーンをご提案しています。グリーンをベースにしたナチュラルで自由なスタイル、豊かな気持ちをお届けしたいです。

  • 9月 風光る

    夏の太陽の光をたっぷり浴びた緑のみずみずしさと、ベージュを中心とした秋をイメージさせる草花がコントラストを描いています。秋のそよ風に揺れる草花が夕日に照らされる姿に、夏の終わりのせつなさと秋の訪れの喜びを込めました。

    鈴木香菜 Kana Suzuki

    東京・福岡と様々なフィールドで経験を積み、さまざまなシーンを彩るお手伝いをしています。ひとりひとりの想いに耳を傾け形にしていくこと、植物に対しても丁寧に向き合うことを心がけ、ナチュラルなデザインを得意としています。

  • 10月 月揺(げつよう)

    テーマと音楽を聴いて、とても静かで美しいイメージを持ちました。月のイメージは満月などもありますが、「月揺」という題から静かに少し不安定に揺れ動く三日月の儚げなイメージを形で表現しました。ただ、秋の月は儚さもありつつ、どこか強い明るさも放ち、周りをやさしく照らし出す…そんな月の美しさのイメージを持ちました。そこから、秋を内包し明るく輝く月を冬が少しずつ包み込んでいくようなイメージでデザインしました。

    矢澤智沙 Chisa Yazawa

    ウェディングで会場装花のコーディネートやブーケ制作、店頭などをトータルで経験後、現在はオンラインショップの商品企画に関わっています。ウェディングでの長年の経験を活かし、ストーリーやテーマのある商品、見た人を楽しくする企画や商品が得意。見た人の気持ちを温かく、楽しめる企画や商品作りをしていきたいです。

  • 11月 弦空

    「弦空」というテーマから、「空・月・寒さ」などのイメージを感じました。冬の厳しさ、寒さを伝えるようなシルバーグリーンをメインに、グラデーションを意識し、花材をチョイスしました。重厚感のあるグリーンと冷たさを感じるシルバーグリーンを組み合わせることで、夜の空と月の光を表現し、軽やかなグリーンをリズミカルに入れ込み、テーマ曲との調和を図りました。

    小山孝志 Takashi Oyama

    バンケット事業部にて、ゲストハウスでの婚礼装花、フューネラル装花に携わった後、ショップ事業部に異動。葉物・小花をたくさん使用したデザイン、季節を感じる色使いを得意としています。お客様が旬のお花を楽しんでもらえるような仕入れを行い、ご自宅用にもギフト用にも楽しめるよう心掛けています。

  • 12月 円相

    全ては廻りゆくもの、というテーマから、花姿や色味の異なる素材をあえて多用し、一つの「円」を表現しました。エネルギッシュな大輪花から、動きのある小花、実物。個性あふれる花々や自然に囲まれて、また今年も1年が終わろうとしている。晴れた日のあの朝も、雨の日の夜も、なんだかすべてが愛おしく思えてくる。そんな、やさしくてどこか温かい気持ちになれるようなイメージで、太陽と月を表すような三日月形のアレンジに花をあしらい、鏡の中で「円」を描きました。

    牛江咲耶 Saya Ushie

    ひとりでも多くの人の想いに寄り添いたいと、都内の店舗を2年経験した後、ブライダルの世界へ。目に映るものから心にうつるものへ、を自身のテーマに、お花にまつわる思い出やエピソードを大事にしながら素材を生かしたコーディネートの提案を目指しています。

Collaboration Creators

  • 山﨑宗磨
    (演出家・イベントディレクター)
    数々のファッションイベント・ショー・エンタテイメントの演出を手掛け、独自のストーリーを軸にした演出手法とイベントディレクションは各方面から高い評価を得ている。
  • Casey Arai
    (音楽家・ミュージシャン)
    TV・CM音楽制作、アーティストへの楽曲参加・提供、自身もミュージシャンとして活動する傍らアート音楽ユニットARMATELのGt/Voとしても活動中。
  • 高岡真也
    (映像作家)
    世界中の音楽、ダンス、アートとのコラボレーションをしながら様々なプロジェクトに参画。旅する映像作家。独創性溢れる映像世界には定評があり、多くのアーティストから支持されている。

KaFu -花符-イメージムービー

1年365日の四季の移ろいを、音楽と映像でお楽しみください。

\  飾り方は2種類! /

2019年日比谷花壇オリジナルカレンダー

       

「日比谷花壇 2019 カレンダー」

「日比谷花壇 2019 カレンダー」の商品画像

【商品価格】1,080円(本体価格:1,000円)

【配送期間】12月21日~12月30日

     

2019年日比谷花壇オリジナルカレンダー「花符」。薄羽のような1分1秒を1枚ずつそっと重ね、1日となりやがて365日が紡がれます。過ぎてゆく日々を慈しめるように、たおやかな映像と音楽とともに美しい花を楽しめるカレンダーです。
※カレンダーの各月にQRコードを印字しております。音楽に合わせた月ごとの美しい花の映像をご覧いただけます。
※QRコードを読み取る際の環境によって認識できない場合がございます。
※ご利用には別途パケット通信料が発生いたします。

「日比谷花壇 2019 カレンダー」の詳細はこちら

       

「日比谷花壇 2019 カレンダー」(2冊セット)

「日比谷花壇 2019 カレンダー」(2冊セット)の商品画像

【商品価格】2,160円(本体価格:2,000円)

【配送期間】12月21日~12月30日

     

2019年日比谷花壇オリジナルカレンダー「花符」。薄羽のような1分1秒を1枚ずつそっと重ね、1日となりやがて365日が紡がれます。過ぎてゆく日々を慈しめるように、たおやかな映像と音楽とともに美しい花を楽しめるカレンダーです。
※カレンダーの各月にQRコードを印字しております。音楽に合わせた月ごとの美しい花の映像をご覧いただけます。
※QRコードを読み取る際の環境によって認識できない場合がございます。
※ご利用には別途パケット通信料が発生いたします。

「日比谷花壇 2019 カレンダー」(2冊セット)の詳細はこちら