ご来店ありがとうございます。
当ページの2022年母の日フラワーギフトの通常お届けの販売は終了いたしました。

遅れてごめんね!母の月5月に贈る母の日ギフトはこちらから>>

母の日の花のお手入れ 花鉢|母の日 花のギフト・プレゼント特集2022 母の日の花のお手入れ 花鉢|母の日 花のギフト・プレゼント特集2022

お手入れ方法 花鉢

つぼみが花開く姿や、日々表情を変える様子は、日々の生活を華やかに彩ってくれます。太陽の光を浴びていきいきとした花たちの様子を見ることが、いつのまにか毎日の楽しみに加わります。

長くお楽しみ頂くためには

水やり

夏場は土の表面が乾いたら水をあげましょう。
冬は土の中が乾いていない場合もあるので表面が乾いてから、2、3日後にあげましょう。あげる際は鉢の底から水が出るくらい十分に与えますが、鉢皿に水がたまったままの状態は根腐れをおこしますので、頻繁にすてるようにしましょう。
植物の種類や、花数、葉の枚数などにより水の代謝量(または消費量)が異なりますので鉢表面の土の状態を観察し季節、気候に合わせた水やりのペースを探す事がコツです。

置き場所

屋内で管理が必要な花鉢の場合、日当たりの良い場所に置きましょう。
ただし春から夏に向けて直射日光が強くなってくると同じ場所で管理しても葉の色が変色してしまう(葉焼け)事がありますので、レースカーテンなどで遮光したり、置き場所を変えたり工夫が必要となる場合があります。
屋外で管理が必要な花鉢の場合、日当たりの良い場所や風通しの良い場所に置きましょう。地面に直接置くのではなく、スノコやレンガ、ガーデニング用のシェルフなどで鉢上げすると良いでしょう。また、葉焼けしやすい植物は直射日光を避け、半日陰で管理することをおすすめします。

お手入れのコツ

花や葉が枯れた部分はつみ取ってあげましょう。
但し、その際に無理やりつみ取ると茎に傷がついたり折れてしまう場合がありますので、不慣れな場合は清潔な鋏などで切り取ってあげても大丈夫です。 不要な花や葉を取り除く事によって、水分や栄養がこれから必要となる部位にまわり「株」にとって効率が良くなり沢山の花を長く楽しめるようになります。
また、満開の花を長い間そのままにして楽しむと「株自体」のエネルギー消費が増加し、「株自体」を弱らせてしまいますので、できれば花が満開になるまえに切り取り「切花」として楽しんで頂くことがおすすめです。

贈る時のポイント

お庭をつくることが好きな方や、お花を育てることが大好きな方には最適なギフトです。
ただし、お見舞いには根のついたプレゼントが嫌われる事もございますので、花鉢を贈ることは避けたほうが良いでしょう。
(※鉢物は「根付く=寝づく」という語呂合わせから、お見舞い用には避けた方が無難です。)

配送料金

商品1点につき、全国一律 配送料1,100円(本体価格1,000円)をいただきます。
※配送先が同一の場合でも、商品1点ごとにご負担いただくことをご了承ください。

お支払い方法について

クレジットカード

ご利用いただけるカードは、VISA、MASTER、JCB、AMEX、ダイナースとなります。

VISA、MasterCard、JCB

後払い(NP決済)

商品の到着を確認してから、「コンビニ」「郵便局」「銀行」「LINE Pay」で
後払い(NP決済)できる安心・簡単な決済方法です。

NP後払い 商品確認後、請求書で「後から」お支払い

Amazon Pay

Amazon PayはAmazon.co.jpに登録されているクレジットカード情報を使って
ご注文いただけるサービスです。

Amazon Pay

日比谷花壇について

日比谷花壇は1872年(明治5年)に創業いたしました。庭園業を原点に、以来日本を代表するホテルへの出店、宮内庁からのご用命、重要な外交シーンの会場装飾など、花屋の域を超えて歴史の重要なシーンの数々に携わってきました。ブライダル、ショップ、EC、お葬式、法人営業、官民連携の6事業を基軸に、現在約16の多彩な事業モデルを展開。結婚披露宴でおなじみの花束贈呈は、実は日比谷花壇が70年以上も前に発案したもの。ブライダル会場の装花スタイル確立にも大きく貢献してきました。北海道から沖縄まで、全国の主要駅や百貨店、ホテルなどに約100店舗を展開しています。全国有数の生産者が育てる高品質なお花をお届けいたします。

SITEMAP

  • プライバシーマーク