• こんにちはゲストさま
 夏・お中元の花ギフト特集2022

クイック配送

最短で07月05日にお届けできます。
対象商品をさがす

お花屋さんの手渡しお届け

全国送料無料
お花屋さんが手渡し
おまかせデザイン

全国お花屋さんネットワーク

「イーフローラ」で贈る

海外に花を贈る

日比谷花壇グループの「イーフローラ海外フラワーサービス」をご利用ください。
詳しくはこちら

ご来店ありがとうございます。
当ページの2022年桜・桃のフラワーギフトサービスは終了いたしました。

オンラインメンバー・メルマガメンバーだけに
お得な情報やネット限定商品をいち早くお知らせします!
この機会にぜひご登録ください。

■オンラインメンバーに登録する>>

桜・桃のフラワーギフト特集2022

春といえば桜と桃の花。
入学式や卒業式のお祝いなどの贈り物や、
春の観賞にもぴったりです。

桜と桃の優美な花姿

春の訪れを感じさせてくれる桜と桃の花。
お誕生日、記念日などのお祝いの贈り物としても人気の桜、桃の花。
また、ご自宅で桜や桃を飾ることにより素敵な春の訪れを演出してくれ、インテリアとしても
お楽しみいただけます。
アレンジメントや花束、そして鉢物をご用意しております。
ぜひ、桜や桃のお花をお楽しみください。

桜・桃のフラワーアレンジメント 人気ランキング

Pick Up

春といえば桜。毎年日比谷花壇で人気の、桜のアイテムをピックアップしました。
春の門出の贈り物にいかがでしょうか。もちろんお部屋での観賞用としてもおすすめです。
桜が、春のお祝いシーンや日常を華やかに演出してくれますよ。

自宅で楽しむお花見「#うち花見」

桜や桃の鉢物を部屋に置いて「お花見」をご自宅でも気軽に楽しんでみませんか?
また、3月3日は『桃の節句』。ひな祭りの飾りにはハナモモがおすすめです。
桃は古来より中国では災いを除き、福を招くとされてきましたので、お祝いとしても喜ばれるでしょう。
春の訪れとともに、開花する桜・桃の花をお楽しみください。

#うち花見特集

桜とギフトのセット

桜とお酒やお菓子などをセットにいたしました。
春のお祝い事には季節感のある桜を取り入れたギフトセットを贈ってみてはいかがでしょう。

桜・桃特集の商品をすべて見る

桜と桃の花言葉

桜の花言葉:高潔

春の訪れをしみじみと感じます。
人生の節目の記憶と結びついているのも、桜に対して特別な感情が生まれる理由ではないでしょうか。

桃の花言葉:あなたのとりこ

古く中国から渡来し、観賞用や果樹として広く用いられている。園芸品種で花が特に美しいものを「ハナモモ」といい、庭木や枝物として広く栽培されている。

お花見でよく見かける桜の名前は?日本の桜の種類と見分け方

春が近づき暖かくなってくると、桜の開花情報が各メディアの話題に上がります。桜の開花が始まるとお花見を企画したり、卒業や入学など人生の節目を感じたりします。古来より桜は穀物の神が宿るものと大切にされてきた、日本を象徴する馴染み深い植物です。しかし、意外と桜の種類を知らない方も多いのではないでしょうか。ここでは、桜の簡単な知識と、お花見でよく見かける桜の種類と見分け方をご紹介します。

桜の基礎知識

桜は「バラ科サクラ亜科サクラ属」の落葉樹で、ウメやモモもサクラ属の仲間です。ヒマラヤを原産とし、アジアを中心に北半球に広く分布していますが、特に日本列島に集中しています。実はお花見で見る桜は、ほとんどがソメイヨシノです。従って、「桜前線」や「開花宣言」などの指標となる桜は、ソメイヨシノを指すことが多いです。ソメイヨシノの桜前線は1月下旬から約4ヶ月にわたり日本列島を縦断します。日本では固有種、交配種合わせて600種類もの桜が確認されています。桜の分類は複雑ですが、一般的には山野に自生する野生の「山桜」、品種改良された「里桜」と「一重の里桜」に分けることができます。

配送料金

商品1点につき、全国一律 配送料1,100円(本体価格1,000円)をいただきます。
※配送先が同一の場合でも、商品1点ごとにご負担いただくことをご了承ください。

お支払い方法について

クレジットカード

ご利用いただけるカードは、VISA、MASTER、JCB、AMEX、ダイナースとなります。

VISA、MasterCard、JCB

後払い(NP決済)

商品の到着を確認してから、「コンビニ」「郵便局」「銀行」「LINE Pay」で
後払い(NP決済)できる安心・簡単な決済方法です。

NP後払い 商品確認後、請求書で「後から」お支払い

Amazon Pay

Amazon PayはAmazon.co.jpに登録されているクレジットカード情報を使って
ご注文いただけるサービスです。

Amazon Pay

日比谷花壇について

日比谷花壇は1872年(明治5年)に創業いたしました。庭園業を原点に、以来日本を代表するホテルへの出店、宮内庁からのご用命、重要な外交シーンの会場装飾など、花屋の域を超えて歴史の重要なシーンの数々に携わってきました。ブライダル、ショップ、EC、お葬式、法人営業、官民連携の6事業を基軸に、現在約16の多彩な事業モデルを展開。結婚披露宴でおなじみの花束贈呈は、実は日比谷花壇が70年以上も前に発案したもの。ブライダル会場の装花スタイル確立にも大きく貢献してきました。北海道から沖縄まで、全国の主要駅や百貨店、ホテルなどに約100店舗を展開しています。全国有数の生産者が育てる高品質なお花をお届けいたします。

SITEMAP

  • プライバシーマーク