• こんにちはゲストさま
  • Autumn Gift 2018

9月9日は重陽の節句!
菊酒や栗ごはんなど
菊の節句の行事食と由来

日比谷花壇が敬老の日に関するコラムをご紹介。
敬老の日の情報が満載です。
菊の節句

9月9日は五節句の1つである「重陽の節句」です。「菊の節句」とも呼ばれ、菊酒を飲んだり、栗ご飯を食べたりして無病息災や長寿を願います。最近はあまりなじみがない節句ですが、旧暦を使用していた頃までは五節句を締めくくる最後の行事として盛んに行われていました。そこで今回は、重陽の節句の行事食と由来についてご紹介します。

重陽の節句の由来

陽と陰のマーク

「重陽の節句」は平安時代の初めに中国より伝わりました。古来中国では、奇数は縁起が良い「陽数」、偶数は縁起の悪い「陰数」と考えられ、陽数の最大値である「9」が重なる9月9日を「重陽」と呼び、節句の1つとしました。旧暦の9月9日は、現在の10月中旬ごろにあたり、まさに菊が美しく咲く時期です。菊は「仙境に咲く霊薬」として、邪気を払い長寿の効能があると信じられていました。菊を行事に用いたため、重陽の節句は別名「菊の節句」とも呼ばれています。重陽の節句では、菊の香りを移した「菊酒」を飲んで邪気を払い無病息災や長寿を願います。

日本では、平安時代の初めに宮中行事の1つとなり、菊を眺める宴「観菊の宴」が開催されたり菊を用いた厄払いなどが行われたりしました。また、時代とともに菊の風習は庶民の間でも広がり、江戸時代には五節句の1つとして親しまれる行事になっています。

重陽の節句の行事食

栗ごはん

3月3日の「桃の節句」に食べるちらし寿司や、5月5日の「端午の節句」に食べる柏餅のように、重陽の節句にも「行事食」があります。行事食とは、1年を通して自然の恵みに感謝し、伝統行事や祭りの際に食べる食事です。健康祈願の意味も含まれており、旬の食材が取り入れられています。

重陽の節句では、菊を鑑賞しながら「菊酒」を飲むと長寿になると言われています。菊酒は、蒸した菊の花びらを器に入れ、冷酒を注ぎ一晩置くことで香りを移して作ります。菊料理にも、蒸した後に乾燥させた菊の花びらを使用していました。現代では、菊の花びらを散らした盃に冷酒を注いで飲むことが主流です。また、重陽の節句は作物の収穫時期と重なるため、庶民の間では「栗の節句」として「栗ごはん」を食べて祝っていました。

さらに、「くんち(九日)に茄子を食べると中風にならない」という言い伝えもあります。「くんち」とは、収穫を祝う秋祭りの総称の1つです。旧暦の9月9日、重陽の節句の際に行われた祭りであることから、「九日(くんち)」の名前が定着したと言われています。九州で行われる「長崎くんち」や「唐津くんち」はその名残です。現在では、毎年新暦の10月に行われています。「中風」とは、発熱や悪寒、頭痛などの症状の総称です。重陽の節句に「茄子の煮びたし」や「焼き茄子」などの茄子料理を食べ、不老長寿や無病息災を祈りました。

重陽の節句の行事

重陽の節句の行事

重陽の節句は行事食を食べるだけではなく、さまざまな行事が行われていました。
主な行事内容は以下の通りです。

【菊の着せ綿】

観菊の宴の前日に、菊の花に真綿を被せます。宴が開催される朝に菊の香りと露を含んだ真綿を使用し、顔や体を拭いて無病息災を祈りました。

【菊湯・菊枕】

重陽の節句の日は、菊を湯船に浮かべた「菊湯」に入ったり、乾燥した菊の花びらを詰めた「菊枕」で眠ったりします。菊の香りには邪気を払う力があると信じられていました。

【菊合わせ】

「菊合わせ」とは、大切に育てた菊を持ちよりその美しさを競う催しです。
現在も、各地で菊の品評会や鑑賞会が行われています。

おわりに

無病息災を願う重陽の節句。今まであまり親しみのなかった方も、今年は菊酒や栗ごはんを味わい邪気を払ってみてはいかがでしょうか。菊は種類も豊富で、大輪の菊から小さなサイズのものまで自分に合ったものを選ぶことができます。9月9日は部屋に菊を飾って、重陽の節句を楽しみましょう。

敬老の日人気ランキング敬老の日人気ランキング一覧へ

戻る

敬老の日ギフト特集メニュー