敬老の日 世界の縁起物 敬老の日 世界の縁起物

世界各地の縁起物

やはり有名なのはヨーロッパに古くからある「四つ葉のクローバー」でしょう。夏至の夜に四つ葉を摘むと、薬草や魔除けの力があると信じられています。三葉のクローバーはキリスト教の三位一体を、四つ葉のクローバーはその形から十字架を表します。

そのほかヨーロッパでは、"テントウムシが身体にとまると幸せがやって来る"と言い伝えられ、てんとう虫のモチーフは、身に着けた人に成功と財をもたらし、病気の人は病が取り除かれると言われています。そのため、アクセサリーや雑貨として人気があります。

エジプトでは、古代エジプトで太陽神の化身として崇拝された神聖な昆虫のスカラベ(フンコロガシ)が健康祈願と子孫繁栄の縁起物となっています。
中国ではコウモリをビエンフーと発音し、幸福(シンフー)と韻が同じことから幸福を招く縁起物とされてきました。百年以上生きたネズミがコウモリになるという伝説もあり、長寿のシンボルともされています。

日本ではおめでたいときなどに登場する「鶴亀」が、国によっては不吉なものになることにも注意が必要です。 鶴は、北欧方面では「死を運ぶ鳥」であり、「ケルト神話」では殺戮を好む神、エススと一緒に鶴が描かれるなど「不吉な鳥」の象徴となっています。 また、亀は中国では「悪魔の使い」とされており、亀の描かれたものは嫌われます。そのほかにも中国では、日本ではめでたいとされる「松」も棺桶を作る際に使用されるために不吉な植物となっているようです。

その地域によっても、意外な動物が縁起物となっている場合もあるので、調べてみると思わぬ発見があるかもしれませんね。

敬老の日に関するおすすめ記事

9月9日は重陽の節句!菊酒や栗ごはんなど菊の節句の行事食と由来

無病息災や長寿を願います。

十五夜(中秋の名月)のすすきの意味は?お月見のお供え物について

十五夜のすすきの意味やお月見のお供え物についてご紹介します。

【敬老の日のプレゼント】おじいちゃん・おばあちゃんへの贈り物ランキング

毎年どのようなプレゼントを贈ろうか悩む方必見。

敬老の日とは

9月の第3月曜日は敬老の日。敬老の日を祝う習慣はどのようにして生まれたかご存じでしょうか?

敬老の日のメッセージ

メッセージを添えると、贈り物がもっと特別なものになります。素直に気持ちを伝えてみませんか。

敬老の日のエピソード

お客様から寄せられた敬老の日にまつわる素敵なエピソードをご紹介いたします。

敬老の日 お花の暑さ対策

まだまだ暑い敬老の日。お花を家まで届けてくれるオンラインショッピングはいかがですか?

世界の敬老の日

日本では敬老の日に高齢者を敬ってお祝いをしますが、世界の敬老の日はどうなっているのでしょうか?

敬老の日 リンドウの育て方

リンドウの花言葉は『正義感、誠実、愛情』。敬老の日のプレゼントにもピッタリな花言葉です。

敬老の日 長寿の呼び名

「米寿」とは何歳のことでしょうか?知っておきたい長寿祝いの名称についてご紹介します。

敬老の日 お年寄りの好きな色

何色のお花を贈ったらいいかわからない…なんてことはありませんか?

敬老の日 花言葉

感謝の気持ちを花言葉に託してみてはいかがですか。感謝をあらわす花言葉や長寿を祝う花言葉はこちら。

敬老の日 長寿祝いの風習

なぜ還暦には「赤いちゃんちゃんこ」なのでしょうか。実はきちんとした意味があったのです。

敬老の日 お月見 うさぎ

秋はお月見の季節。月といえば「うさぎ」ですが、世界では色々なものが月にいるようです。

敬老の日 世界の縁起物

有名なヨーロッパの「四つ葉のクローバー」を始めとして、世界各地にも縁起のいいものが存在します。

敬老の日 菊

菊がおめでたい縁起物とされる理由は昔からの言い伝えや風習にありました。

敬老の日人気ランキングはこちら
ご注文の受付9/17(金)23:59まで

お花のお手入れについて

お花を長く楽しんでいただくために、日比谷花壇専属のフラワーデザイナーが水やりの頻度や、
お手入れ方法などをスタイル別でご紹介いたします。
お花のお手入れアドバイス

配送料金

商品1点につき、全国一律 配送料1,100円(本体価格1,000円)をいただきます。
※配送先が同一の場合でも、商品1点ごとにご負担いただくことをご了承ください。

お届けについて

お届けカレンダー

9/12までのご注文で、期間内のお届け日を指定できます。9/13~9/17のご注文で、期間内のいずれかの日にお届けいたします。(日付指定不可)

※一部の商品は異なる場合があります。

お支払い方法について

クレジットカード

ご利用いただけるカードは、VISA、MASTER、JCB、AMEX、ダイナースとなります。

VISA、MasterCard、JCB

後払い(NP決済)

商品の到着を確認してから、「コンビニ」「郵便局」「銀行」「LINE Pay」で
後払い(NP決済)できる安心・簡単な決済方法です。

NP後払い 商品確認後、請求書で「後から」お支払い

Amazon Pay

Amazon PayはAmazon.co.jpに登録されているクレジットカード情報を使って
ご注文いただけるサービスです。

Amazon Pay

日比谷花壇について

日比谷花壇は1872年(明治5年)に創業いたしました。庭園業を原点に、以来日本を代表するホテルへの出店、宮内庁からのご用命、重要な外交シーンの会場装飾など、花屋の域を超えて歴史の重要なシーンの数々に携わってきました。ブライダル、ショップ、EC、お葬式、法人営業、官民連携の6事業を基軸に、現在約16の多彩な事業モデルを展開。結婚披露宴でおなじみの花束贈呈は、実は日比谷花壇が70年以上も前に発案したもの。ブライダル会場の装花スタイル確立にも大きく貢献してきました。北海道から沖縄まで、全国の主要駅や百貨店、ホテルなどに約100店舗を展開しています。全国有数の生産者が育てる高品質なお花をお届けいたします。

SITEMAP

  • プライバシーマーク