• こんにちはゲストさま
父の日ギフト・プレゼント特集2024 もうすぐ父の日 PaPa with Flowersキャンペーン

ご来店ありがとうございます。
当ページの2023年クリスマスフラワーギフトの通常お届けの販売は終了いたしました。

オンラインメンバー・メルマガメンバーだけに
お得な情報やネット限定商品をいち早くお知らせします!
この機会にぜひご登録ください。

■オンラインメンバーに登録する>>

女性に喜ばれる!妻・彼女へ…クリスマスに贈りたい花のプレゼント 女性に喜ばれる!妻・彼女へ…クリスマスに贈りたい花のプレゼント

クリスマスのプレゼント

クリスマスに欠かせないものの1つに、お花があります。ポインセチアやバラ、クリスマスローズなど、クリスマスムードを華やかに盛り上げてくれるお花のプレゼントは、特に女性に喜ばれるギフトの1つ。

とはいえ、妻や彼女へのクリスマスプレゼントにお花を贈ろうと思っても、どんなお花を贈ればよいか悩んでしまう方もいらっしゃるかと思います。そこで今回は、日比谷花壇が自信を持ってお薦めする"クリスマスに贈りたいフラワーギフト"のほか、女性へのクリスマスプレゼントの予算相場や、喜ばれるプレゼントの選び方などをご紹介します。

条件別にご紹介!妻・彼女へのクリスマスプレゼントにおすすめの花

女性にお花を贈るといっても、相手の方がクリスマス当日に置かれるシチュエーションや状況、好みはさまざま。喜ばれるお花の条件も、それに応じて異なってきます。

ここでは、「クリスマスムードを盛り上げたいときの花」「お世話要らずで仕事や家事で忙しい妻や彼女の負担にならず喜んでもらえる花」「プロポーズや結婚記念日のお祝いを兼ねる時にぴったりな花」の3つに分け、条件別にふさわしいフラワーギフトをご紹介します。

クリスマスムードを盛り上げる花

心浮き立つイベントの多いクリスマスシーズンのなかでも、やはり愛する人へプレゼントを贈る瞬間は特別なもの。それだけに、とっておきのデザインのお花を選びたいですよね。

ここではデートのハイライトに贈りたい、クリスマスムードたっぷりでゴージャスなお花をご紹介します。おすすめはフラワーアレンジメント。器の中に水を含ませた吸水性スポンジを入れ、そこにお花を生けたものですが、あらかじめお花に合わせた花瓶がついているので置くだけで飾れて、外出中に渡してもお水不足でお花が萎れてしまうのを気にする必要がありません。またおうちデートやホームパーティーの小道具としても輝くアイテムです。

アレンジメント「カリス」

アレンジメント「カリス」

優美なバラとクリスマスの葉物からなるクリスマスカラーのコントラストが、鮮やかに目を引くフラワーアレンジメント。艶やかなバラやカーネーションが咲きあふれ、ドライフラワーにしたコットンや松かさ、アーティフィシャルフラワーのリンゴらが、イブへの期待を高めてくれます。
エレガントで大人っぽい装いの花々で、イベントを待ち望む日々に美しく彩りを添えてみては。

アンリ・シャルパンティエ「ガトー・キュイ・アソート」とアレンジメントのセット

アンリ・シャルパンティエ「ガトー・キュイ・アソート」とアレンジメントのセット

クリスマス時期だけの限定パッケージに一流洋菓子店「アンリ・シャルパンティエ」人気の焼き菓子を詰め合わせた、ちょっと欲張りなアソートボックスです。
素材の風味にこだわったひと口サイズの焼き菓子のほか、フィナンシェとマドレーヌ、さっくりとした口どけの軽いクッキーなど、ブランドの人気スイーツが勢ぞろい。華やかな赤系の花々をあしらったアレンジメントとともに、冬のティータイムやパーティーをお楽しみください。

※「マドレーヌ」「ラング・ド・シャ2種類」にはお酒を使用(1%未満)しています。
※「マドレーヌ」「ピスターシュ」には、はちみつが含まれています。満1歳未満の乳幼児には食べさせないでください。

アレンジメント「ホワイトノエル」

アレンジメント「ホワイトノエル」

冬の夜空にまたたく星のように、煌めきを纏った花々を集めたアレンジメントです。モミなどのグリーンをバックにしたホワイトローズがひと際輝くように咲き、雪のようなコットンやゴールドの松かさが彩りを添えます。特別なホリデーシーズンを祝うにふさわしいエレガントで特別なフラワーギフトとして、聖夜に眩い輝きの魔法を届けます。

忙しい妻・彼女の負担にならない花

女性へお花をプレゼントするときに気になる点としてよく挙げられるのが、「相手にとってお花のお世話が負担になってしまうのでは?」という点です。確かに現代の女性は仕事や育児・家事などで日々忙しく、普段からお花のお世話に慣れていない方にとっては、そこに日々の水替えなどが加わるのは少々プレッシャーかもしれません。

そんなときにおすすめしたいのが、スタンディングブーケです。鮮度保持剤入りのエコゼリーが入ったカップにお花を活け、ブーケとしてラッピングしたもので、そのまま置くだけで飾れて水替えも必要ありません。また生花を特別な方法で加工したプリザーブドフラワーや、精巧に作られた造花であるアーティフィシャルフラワーもまた、お世話不要の「枯れないお花」として、手軽にその美しさを楽しんでいただくことができます。

そのまま飾れるブーケ「ノエル」

そのまま飾れるブーケ「ノエル」

クリスマス限定デザインとなる、鮮やかな赤が印象的なブーケです。お手入れが簡単なスタンディングタイプのブーケなので、アレンジメントのように置くだけで飾れて花瓶いらず。また鮮度保持であるエコゼリー入りで、水替えの手間も不要な人気商品です。
深紅のバラやカーネーションにゴールドのオーナメントがアクセントとなり、松かさでクリスマスの装いをプラス。ご自宅に飾っても、冬の贈り物としても嬉しい気持ちがあふれるブーケです。

プリザーブドフラワーアレンジメント「ジョイ」

プリザーブドフラワーアレンジメント「ジョイ」

エヴァーグリーンの葉物を背景に、クリスマスレッドに染まったバラやアジサイが引き立つプリザーブドフラワーアレンジメントです。ドライの松かさに寄り添うカスミソウは、まるで聖夜に舞い降りるパウダースノーのよう。
生花のようにお世話が不要で、なおかつ美しい色合いが長く続くプリザーブドフラワーは、クリスマスが過ぎても楽しかった思い出の色褪せない象徴となってくれることでしょう。

プリザーブド&ドライフラワーアレンジメント「スパイシーダスク」

プリザーブド&ドライフラワーアレンジメント「スパイシーダスク」

夕暮れにコーヒーを飲みながら、ゆっくりと過ごすクリスマスをイメージしたプリザーブド&ドライフラワーのアレンジメントです。
冬のホットドリンクに欠かせないシナモンスティックをあしらい、グレーローズのプリザーブドフラワーとドライの実物を合わせ、シックでスパイシーな大人の格好良さを表現しています。少し趣きの異なるクリスマスプレゼントをお探しの方、またクールな雰囲気やインテリアがお好みの方への贈り物にお勧めです。

プロポーズ・結婚記念日を兼ねる時の花

イルミネーションに輝く街が特別な雰囲気に包まれ、子どもから大人まで心躍るクリスマスは、プロポーズに人気のシーズンでもあります。ロマンティックな雰囲気を作り出しやすく、プレゼント交換の延長線上として自然に、あるいはサプライズとして、演出も自由自在にできることがその理由です。

プロポーズには、指輪とともにお花が欠かせません。クリスマスにプロポーズを考えている方、またクリスマスが2人の結婚記念日となっている方は、ぜひここでご紹介する特別感あふれるフラワーギフトを贈ってみてください。

プリザーブド&ドライフラワーアレンジメント「シュミネ」

プリザーブド&ドライフラワーアレンジメント「シュミネ」

鮮やかな赤いバラをふんだんに使い、華やかに輝くゴールドの実物を添えた気品漂うプリザーブドフラワーアレンジメントです。
寒い冬の時間を温かく彩ってくれるクリスマスカラーの花々は、大切な方にこそ贈りたい一品。また美しさが長く続くプリザーブドフラワーは、永遠の愛を誓うプロポーズにぴったりです。2人の大切な記念日にふさわしい品となっています。

デザイナーズアレンジメント「ユヌ フォレ」

デザイナーズアレンジメント「ユヌ フォレ」

日比谷花壇のシニアデザイナー筧久未子がクリスマスに向けてデザインした、冬の贈り物にぴったりな特別なアレンジメントです。こっくりと深い赤色が美しいダリアやバラ、ガーベラを集めて金色のアレンジメントをあしらい、特別な贈り物に仕上げました。
「ユヌ フォレ」とはフランス語で「森」の意味。冬の鮮やかさに満ちたクリスマスの森のように、大切な方の元へ深く温かい喜びを届けてくれることでしょう。

ディズニー プリザーブドアレンジメント「シンデレラの靴(ルミナスブルー)」

ディズニー プリザーブドアレンジメント「シンデレラの靴(ルミナスブルー)」

本物のガラスのような透明の靴に、シンデレラをイメージするブルー系の清楚なお花とキラキラ美しく輝くチャームを添えました。それでいて、しっかりとしたアクリル製のつくりでガラスのように壊れることなく、2人の堅い絆を象徴します。
贈られた誰もを幸せなプリンセスにしてくれる魔法の靴は、プロポーズの記念品として特に人気の高いアイテムです。子どもの頃の憧れを現実に運んでくれるガラスの靴を、ぜひ大切な日の思い出にしてください。

クリスマスに贈る花が女性に喜ばれる理由は?

赤いバラの花束と雪

誕生日や結婚記念日など、特別な日に贈るお花は喜ばれるギフトの定番です。華やかで美しいお花はイベントの小道具として場を盛り上げてくれるだけでなく、見る人の心を浮き立たせ、気持ちを明るく楽しくしてくれるものです。

特にクリスマスには、クリスマスの4週間前の日曜日から当日までイエス・キリストの到来を待つ「アドヴェント」というしきたりがあり、ツリーやリース、オーナメントや花々で自宅や往来を飾り付けるしきたりがあります。クリスマスの頃になると日暮れの時間も早くなり、寒さも深まって冬の深まりを感じる季節になります。そんな時期にも美しく咲くお花は日々を明るくしてくれるだけでなく、季節の楽しさを感じられるインテリアとして家の中を彩り、その先に待つ楽しみへの期待も高めてくれます。

コロナ禍を経てインテリアの一環として自宅にお花を飾る方は増えましたが、「自分のためにお花を購入したことがない」という女性はまだ少なくありません。特別な日に人からもらうプレゼントだからこそ、なかなか自分のために手にするきっかけが掴めないこともあります。大切な方へのクリスマスには、その方への特別な想いを伝えるプレゼントとしてフラワーギフトを贈ってみてはいかがでしょう。

女性へ贈るクリスマスプレゼントの予算相場

サンタ帽をかぶった豚の貯金箱

妻や彼女へのプレゼントの予算相場として、一般にもっとも多く見られる金額は3,000~10,000円と言われています。特定の決まりがあるわけではありませんが、贈る側・贈られる側の双方で負担に感じにくい金額としては、このあたりが一般的な相場のようです。

クリスマスには、カップルや夫婦でプレゼント交換をする方も多いもの。その際に、気兼ねなく支払える金額の最大値を10,000円と考えている方が多いと見られます。

このあたりの感覚は、個々人やご家庭によって異なることもあるでしょう。特に家計を同じくする夫婦間では、どういったものにどれだけ支出するのかの認識合わせは大切です。せっかくのプレゼントを存分に喜んでもらえるよう、事前にパートナーとプレゼントの予算について話し合っておくことをお勧めします。
クリスマスプレゼントで何より大切なのは、相手に喜んでもらいたいという気持ちです。無理のない範囲で予算を検討するようにしてください。

女性に喜ばれるクリスマスプレゼントの選び方

ポインセチアとクリスマスプレゼント

1年の中でも特に大きなシーズナルイベントであるクリスマスには、プレゼントへの期待も高まります。せっかく選んだプレゼントが、相手の方の希望に合わずにガッカリさせてしまうことになったら悲しいですよね。そこで女性に喜ばれるクリスマスプレゼントを選ぶには、以下でご紹介する4つのポイントをチェックしてみてください。

①相手の好みやライフスタイルに合ったものを選ぶ

クリスマスシーズンには数多くのギフトアイテムが出回ります。可愛らしいものからゴージャスなもの、スタイリッシュなものなど、さまざまなデザイン・テイストの製品が用意されるため、普段から贈り先の女性の好みやライフスタイルを把握しておくことが必要です。

女性が好んで身に着けている洋服やアクセサリーのほか、読んでいる雑誌や憧れている芸能人などから、好みのテイストや色などを探っておきましょう。また生活スタイルや社会的な地位も変わり、精神的にも成熟する大人の女性には、低価格なものをたくさん贈るより、量は多くなくてもなるべく品質の良いものを選ぶことをおすすめします。判断がつかないときは、本人に好きなテイストや欲しいものを直接尋ねたり、一緒に選ぶと間違いがありません。

②相手が飾ったり置くスペースを考えて選ぶ

お花を贈る際は、相手の方が自宅で飾る場所や置くスペースを考慮して選びましょう。

大きなフラワーギフトは豪華でクリスマスのようなイベントごとによく似合いますが、贈られた側がその後持て余してしまう可能性もあります。喜ばれるプレゼントにするためには、贈ったものが相手の負担にならないことも大切な条件です。基本的にはテーブルやデスクに気軽に置くことのできる卓上サイズで、縦横の幅が30cm前後までのサイズで考えておくと良いでしょう。

③クリスマスらしい華やかなものを選ぶ

お花やスイーツといった消えものをプレゼントに選ぶ場合は、有名店や老舗の品など、いつもより贅沢を感じられるちょっと良いものがおすすめです。

あまり普段遣いにはしないアイテムをプレゼントしてもらえるのは、ちょっとした癒しや気分転換となり、日々忙しい女性にとって嬉しいもの。特にクリスマスはディナーやホームパーティーなどで人を呼ぶことも増えます。そこで楽しむお花やスイーツはパートナーや家族との時間を充実させて贅沢なものにし、会話も弾ませてくれるでしょう。

④プレゼントにはメッセージカードを添えて

大切な方へ贈るために選んだプレゼントには、そこに至るまでの想いが込められていることでしょう。普段はなかなか口にできない気持ちをしっかり伝えるには、プレゼントにメッセージカードを添えてみてください。
LINEやメールなどでも気持ちは伝えられますが、形として手元に残り、温かみの伝わるカードはよりいっそうの喜びを届けてくれるはずです。

まとめ

ここまで、クリスマスに女性へ贈りたいフラワーギフトのほか、女性へのクリスマスプレゼントの予算相場や、喜ばれるプレゼントの選び方をご紹介してきました。
ひと口に女性といっても、その方が置かれた状況やその場のシチュエーションによって、お勧めのお花は変わってきます。ここでご提案したポイントを押さえて喜ばれるクリスマスプレゼントを贈り、ぜひ思い出に残る素敵なクリスマスをお過ごしください。

お届け日指定の受付12/18(月)23:59まで ご注文の受付12/21(木)23:59まで
クリスマス人気ランキングはこちら

クリスマスの花を
そのほかのスタイルからさがす

そのまますぐに飾れるスタンディングブーケやバスケットアレンジもクリスマスプレゼントとして人気です。
ポインセチア、クリスマスローズ、シクラメンなど冬の季節から育てられる花鉢、
おうちでクリスマスムードを高めるリース&ツリーもラインナップしています。

リース・ツリー

プリザーブドフラワーが散りばめられた可愛らしいリースは、神聖なクリスマスの雰囲気にぴったり。
色とりどりのお花のツリーでお部屋に華やぎも添えましょう。
フレッシュなリースや本物のモミの木は、お好みのオーナメントやリボンで飾り付けも楽しめます。

フラワーアレンジメント・花束

プレゼントとしてはもちろん、クリスマスパーティーのテーブルコーディネートにも大活躍するアレンジメントや花束。
上質さと華やかさを兼ね備えた花々を集めてみました。
インテリアを選ぶことなく、お部屋をイルミネーションのようなきらめきで包みます。

花鉢

彩りが落ち着き、少しだけ寂しくなりがちな冬。
クリスマスや季節の花鉢があるだけで幸せいっぱいの空間に変わります。
愛でる楽しみも味わいながら、ホリデーシーズンをお祝いしていきましょう。
育てやすい花ばかりなので、初めての方にもおすすめです。

クリスマスの花を
予算からさがす

クリスマスプレゼントのプリザーブドフラワーは予算から探す方法もあります。
カジュアルに贈りたいなら3,000円、大切な方へ届けるなら6,000円、
ワンランク上のスペシャルギフトなら10,000円が目安です。
ご自宅用の花も含めて、ぜひ参考にしてみてください。

クリスマスと花に関する
おすすめ記事

イエス=キリストの生誕を祝うクリスマス。
由来や歴史を知るとともに、クリスマスの花についても知識を深めてみては?
悩みがちなプレゼントの選び方も詳しくご紹介しているので、
あわせてクリスマスを満喫していきましょう。

クリスマスおすすめギフト・
プレゼントの選び方

クリスマスの由来・歴史・豆知識

クリスマスの花の知識

クリスマスの花のお手入れアドバイス

お花を長く楽しんでいただくため、日比谷花壇専属のフラワーデザイナーが
水やりの頻度やお手入れ方法などを、お花のスタイル別にご紹介いたします。
お花のお手入れアドバイス

花で彩るクリスマス|
特別なひとときを過ごそう

レッドやグリーン、ゴールドやシルバーの彩りが美しいクリスマスの花々。
2023年の聖なる夜は日比谷花壇とっておきのお花を飾って、特別なひとときを過ごしてみてください。
プレゼントで花をもらったお相手も、きっと心から笑顔になってくれるでしょう。

配送料金

商品1点につき、全国一律 配送料1,100円(本体価格1,000円)をいただきます。
※配送先が同一の場合でも、商品1点ごとにご負担いただくことをご了承ください。

お届けについて

お届けカレンダー

12/18(月)までのご注文で、期間内のお届け日を指定できます。12/19(火)~12/21(木)のご注文で、期間内のいずれかの日にお届けいたします。(日付指定不可)

※一部の商品は異なる場合があります。

お支払い方法について

クレジットカード

ご利用いただけるカードは、VISA、MASTER、JCB、AMEX、ダイナースとなります。

VISA、MasterCard、JCB

後払い(NP決済)

商品の到着を確認してから、「コンビニ」「郵便局」「銀行」「LINE Pay」で
後払い(NP決済)できる安心・簡単な決済方法です。

NP後払い 商品確認後、請求書で「後から」お支払い

Amazon Pay

Amazon PayはAmazon.co.jpに登録されているクレジットカード情報を使って
ご注文いただけるサービスです。

Amazon Pay

日比谷花壇について

日比谷花壇は1872年(明治5年)に創業いたしました。庭園業を原点に、以来日本を代表するホテルへの出店、宮内庁からのご用命、重要な外交シーンの会場装飾など、花屋の域を超えて歴史の重要なシーンの数々に携わってきました。ブライダル、ショップ、EC、お葬式、法人営業、官民連携の6事業を基軸に、現在約16の多彩な事業モデルを展開。結婚披露宴でおなじみの花束贈呈は、実は日比谷花壇が70年以上も前に発案したもの。ブライダル会場の装花スタイル確立にも大きく貢献してきました。北海道から沖縄まで、全国の主要駅や百貨店、ホテルなどに約100店舗を展開しています。全国有数の生産者が育てる高品質なお花をお届けいたします。

  • プライバシーマーク