• こんにちはゲストさま
父の日ギフト・プレゼント特集2024 もうすぐ父の日 PaPa with Flowersキャンペーン
  1. 花・花束を贈るフラワーギフト通販の【日比谷花壇】
  2.  > 
  3. クリスマス 花ギフト・プレゼント特集2023
  4.  > 
  5. クリスマスの読み物一覧
  6.  > 
  7. ポインセチアの花言葉と「クリスマスの花といえばポインセチア」の由来

ご来店ありがとうございます。
当ページの2023年クリスマスフラワーギフトの通常お届けの販売は終了いたしました。

オンラインメンバー・メルマガメンバーだけに
お得な情報やネット限定商品をいち早くお知らせします!
この機会にぜひご登録ください。

■オンラインメンバーに登録する>>

ポインセチアの花言葉と「クリスマスの花といえばポインセチア」の由来 ポインセチアの花言葉と「クリスマスの花といえばポインセチア」の由来

クリスマスの飾り付け

クリスマスが近づくにつれ、さまざまなお店の店先で見掛けるポインセチア。ポインセチアを見ると多くの方がクリスマスを連想すると思いますが、なぜポインセチアがクリスマスに使用されるのかをご存じの方は少ないでしょう。

今回は、「クリスマスの花といえばポインセチア」といわれるようになった由来や、ポインセチアの花言葉、育て方や手入れの仕方をご紹介します。

ポインセチアの基礎知識

ポインセチアと海

ポインセチアは、メキシコなどの中南米が原産地である、トウダイグサ科の植物です。 ポインセチアという名前は、アメリカの初代駐メキシコ大使であるポインセット氏の名前に由来しています。ポインセット氏は、メキシコで自生していたポインセチアを見つけ、帰国の際にアメリカに持ち帰り普及させました。ポインセチアが日本に伝わったのは、明治時代です。和名は「猩々木(しょうじょうぼく)」とされていましたが、今日では日本でも和名はほとんど使用されていません。

また、ポインセチアには、「バーガンディ」「プリンセチア」「シャンペンパンチ」などさまざまな種類があります。

ポインセチアの花言葉

白とピンクのポインセチア

ポインセチアには、「祝福する」「聖夜」「幸運を祈る」「私の心は燃えている」などの花言葉があります。クリスマスにぴったりの、胸の高鳴りや幸福感を表した花言葉だといえるでしょう。ただし、これらは定番の赤いポインセチアが持つ花言葉です。ポインセチアの花言葉は、色によって異なります
ピンクのポインセチアは「思いやり」「清純」、白のポインセチアは「慕われる人」「あなたの祝福を祈る」の花言葉を持ちます。用途や贈る相手に合わせて、適した花言葉を持つ色のポインセチアを選びましょう。「私の心は燃えている」という花言葉を持つ赤いポインセチアは、情熱的な告白にぴったりです。さまざまな色のポインセチアを組み合わせて贈っても良いかもしれません。

「クリスマスの花といえばポインセチア」の由来

ポインセチアとクリスマスリース

ポインセチアがクリスマスの花とされるようになった主な由来の1つが、色です。クリスマスによく使用される赤・緑・白の3色はクリスマスカラーと呼ばれ、赤は「キリストの流した血の色」、緑は「永遠の命や愛」、白は「純潔」を表します。葉が赤と緑、樹液が白のポインセチアは、まさにクリスマスにぴったりの植物です。
また、花や苞(ほう)の形がベツレヘムの星を連想させることや、「聖夜」という花言葉を持つことも、ポインセチアがクリスマスに使用される理由であるとされています。

ポインセチアの育て方や手入れの仕方

ポインセチアが花屋の店先に多く並び始める時期は11月頃ですが、実はポインセチアは寒さに弱い植物です。日中は、日光が当たる窓際などの暖かい場所に置き、窓際の温度が下がる夜間は部屋の中央に置いてください。4月から10月の生育期間は、土の表面が乾いた際にたっぷりと水やりを行います。冬場は生育が鈍るため、水やりは控えめにしましょう。根が傷まないよう、冬場の水やりは天気の良い日の午前中に行うことが大切です。
ポインセチアは、そのまま育てた場合、枝からたくさんの芽が出て見た目のバランスが崩れてしまいます。しかし、バランスを考えて剪定(せんてい)を行うことにより、見た目の美しさを保つことができます。剪定は、5月中旬から8月中旬までに行いましょう。

おわりに

道を歩いているだけでもよく見かけるポインセチアですが、ポインセチアの花言葉や由来についてご存じの方はあまり多くないようです。花言葉や由来を知ることにより、ポインセチアに対する愛着がさらにわくのではないでしょうか。クリスマスシーズンには、部屋や玄関にポインセチアを飾って、季節の移ろいを楽しみましょう。

クリスマスにおすすめのポインセチア

ポインセチアは販売終了いたしました。

お届け日指定の受付12/18(月)23:59まで ご注文の受付12/21(木)23:59まで
クリスマス人気ランキングはこちら

クリスマスの花を
そのほかのスタイルからさがす

そのまますぐに飾れるスタンディングブーケやバスケットアレンジもクリスマスプレゼントとして人気です。
ポインセチア、クリスマスローズ、シクラメンなど冬の季節から育てられる花鉢、
おうちでクリスマスムードを高めるリース&ツリーもラインナップしています。

リース・ツリー

プリザーブドフラワーが散りばめられた可愛らしいリースは、神聖なクリスマスの雰囲気にぴったり。
色とりどりのお花のツリーでお部屋に華やぎも添えましょう。
フレッシュなリースや本物のモミの木は、お好みのオーナメントやリボンで飾り付けも楽しめます。

フラワーアレンジメント・花束

プレゼントとしてはもちろん、クリスマスパーティーのテーブルコーディネートにも大活躍するアレンジメントや花束。
上質さと華やかさを兼ね備えた花々を集めてみました。
インテリアを選ぶことなく、お部屋をイルミネーションのようなきらめきで包みます。

花鉢

彩りが落ち着き、少しだけ寂しくなりがちな冬。
クリスマスや季節の花鉢があるだけで幸せいっぱいの空間に変わります。
愛でる楽しみも味わいながら、ホリデーシーズンをお祝いしていきましょう。
育てやすい花ばかりなので、初めての方にもおすすめです。

クリスマスの花を
予算からさがす

クリスマスプレゼントのプリザーブドフラワーは予算から探す方法もあります。
カジュアルに贈りたいなら3,000円、大切な方へ届けるなら6,000円、
ワンランク上のスペシャルギフトなら10,000円が目安です。
ご自宅用の花も含めて、ぜひ参考にしてみてください。

クリスマスと花に関する
おすすめ記事

イエス=キリストの生誕を祝うクリスマス。
由来や歴史を知るとともに、クリスマスの花についても知識を深めてみては?
悩みがちなプレゼントの選び方も詳しくご紹介しているので、
あわせてクリスマスを満喫していきましょう。

クリスマスおすすめギフト・
プレゼントの選び方

クリスマスの由来・歴史・豆知識

クリスマスの花の知識

クリスマスの花のお手入れアドバイス

お花を長く楽しんでいただくため、日比谷花壇専属のフラワーデザイナーが
水やりの頻度やお手入れ方法などを、お花のスタイル別にご紹介いたします。
お花のお手入れアドバイス

花で彩るクリスマス|
特別なひとときを過ごそう

レッドやグリーン、ゴールドやシルバーの彩りが美しいクリスマスの花々。
2023年の聖なる夜は日比谷花壇とっておきのお花を飾って、特別なひとときを過ごしてみてください。
プレゼントで花をもらったお相手も、きっと心から笑顔になってくれるでしょう。

配送料金

商品1点につき、全国一律 配送料1,100円(本体価格1,000円)をいただきます。
※配送先が同一の場合でも、商品1点ごとにご負担いただくことをご了承ください。

お届けについて

お届けカレンダー

12/18(月)までのご注文で、期間内のお届け日を指定できます。12/19(火)~12/21(木)のご注文で、期間内のいずれかの日にお届けいたします。(日付指定不可)

※一部の商品は異なる場合があります。

お支払い方法について

クレジットカード

ご利用いただけるカードは、VISA、MASTER、JCB、AMEX、ダイナースとなります。

VISA、MasterCard、JCB

後払い(NP決済)

商品の到着を確認してから、「コンビニ」「郵便局」「銀行」「LINE Pay」で
後払い(NP決済)できる安心・簡単な決済方法です。

NP後払い 商品確認後、請求書で「後から」お支払い

Amazon Pay

Amazon PayはAmazon.co.jpに登録されているクレジットカード情報を使って
ご注文いただけるサービスです。

Amazon Pay

日比谷花壇について

日比谷花壇は1872年(明治5年)に創業いたしました。庭園業を原点に、以来日本を代表するホテルへの出店、宮内庁からのご用命、重要な外交シーンの会場装飾など、花屋の域を超えて歴史の重要なシーンの数々に携わってきました。ブライダル、ショップ、EC、お葬式、法人営業、官民連携の6事業を基軸に、現在約16の多彩な事業モデルを展開。結婚披露宴でおなじみの花束贈呈は、実は日比谷花壇が70年以上も前に発案したもの。ブライダル会場の装花スタイル確立にも大きく貢献してきました。北海道から沖縄まで、全国の主要駅や百貨店、ホテルなどに約100店舗を展開しています。全国有数の生産者が育てる高品質なお花をお届けいたします。

  • プライバシーマーク